子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

傍聴




PTAの社会見学で、裁判所見学会に参加してきました。

最初は一番広い法廷で、裁判所広報部とやらのお兄さんが
用語や座席(ココが裁判長席、とか)の説明をしてくれました。
f0039934_23244111.jpg


昔懐かしい社会の教科書みたい・・。


広報のお兄さん、ささやくような声だし、用語は難解だし・・。
  
   寝ちゃうかも・・。なんて心配もしつつ。


f0039934_23224516.jpg

f0039934_23275823.jpg

f0039934_23282235.jpg


法廷内を自由に見学。
各席に液晶モニターと、部屋の両側は大型モニター。
6名分の裁判員席もありました。




一通りの説明を受けたあと、少人数のグループに分かれて実際の裁判を傍聴します。




私たちのグループ、一つ目は、覚醒剤再犯の裁判でした。

成人して間もない青年と、証人としてその父。
 どうしてこの時そうしたか、どう考えての行動か、
 こうしようとは思わなかったか・・。

仕事、生活、行動について。青年だけでなく、父までもが執拗に問いただされます。
 成人しているとはいえ、子供を監督する親の責任の追及。辛い。すごく辛い。

やっぱり人生を左右する裁判だもの、眠くなんてなるわけない。


この日、スケジュール表を見ても覚醒剤の裁判はとても多かったです。





そして二つ目。ヤミ金高利貸しの裁判。

検察官による冒頭陳述。この検察のお兄さん、滑舌悪くてたどたどしい。
えー。眠くなってきたし。


あくびしそうになるのをこらえて耐えていると、
裁判長「では証人の奥さんは・・えーっと、どちら?」

PTAのメンバーと同年代の女性が、私たちのすぐ横で立ち上がって、
証人席に入ったとたん、泣き出しました。


同じくらいの歳の女性が、ご主人の犯罪の証人に立つ。

あーやっぱりこれも辛い。眠たいどころではなくなりました。






裁判員制度にあたって、裁判の守秘義務とか言うけれど、
公開裁判の傍聴の内容は、外ではしゃべってもかまわないそうです。
ただし、裁判所建物内には、関係者・家族がいる場合もあるので、
感想など言い合わないように、とのことでした。





このツアー、最後にランチ付き。

別の裁判を傍聴したグループの感想を聞くと、
「母の恋人に小学生の頃から性的暴行を受けていた少女の裁判」
を傍聴したそうで。

まさに私たちの子供の年齢。
気分が悪くなってランチ食べられない。って言ってました。



色んな複雑な思いをかかえて帰宅。
学校から帰った娘の質問攻めに合いました。
傍聴は何らかの年齢制限があるかと思い込んでいたけれど、
調べてみたらないみたい。
一度娘と行くのもいいかもしれないです。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-11-06 00:20 | 日記