子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

キックベース大会



先週の息子のソフトボールに引き続き、
日曜日は娘のキックベースの大会でした。






地域が8チームに分かれ、
4チームずつの予選リーグから各2チームが
決勝トーナメントに勝ち上がるシステム。

優勝候補、準優勝候補チームの予想は
メンバー確定の時点で出ていて、
練習期間中の練習試合でも、
予想通りの勝敗を付けていました。



でも、3位以降は混戦模様。
1位2位は無理でも決勝進出になんとかこぎ着けたい想いは
どのチームも持っていました。

娘のチームは・・。
ボール遊びに無縁(?)だったようなオンナの子たち。
守備を当てられても、何のためにそこに立っているかなんて、
「あたし知らなーい」という子が半数。
残り半数の5、6年生がグランド全面守って
かけずり回るような、でもその子たちだって、
去年までは「あたし知らなーい」組だったような。

ともかく、人材には恵まれていなかったんですが、
そのかわり、みんな和気あいあい。
ほのぼのと練習に通ううち、
だんだんと6年生の熱気に小さな子も感化されてきました。

ひと月半の間、毎週末わたしもお手伝いに通いました。

小学生の運動能力って、短期間でびっくりするくらいあがります。
ボールが捕れない、まっすぐ投げられない、
置いてあるボールを蹴る事も出来ない子たちだったのが、
そこそこ試合っぽい事が出来るようになってきました。

がんばって一つ一つ出来る事が増えていく子の
ほんとうにかわいいこと。

元が元だっただけに、能力アップ率は一番だったかもしれない。






しかし能力急上昇も大会には間に合わず。
予選の組み合わせにも恵まれず。

1位2位候補と同じリーグになり、
予選敗退でした。決勝結果も予想通り。

でもその2チームにも負けながらなかなかの敢闘をし、
もう一試合は勝利も経験できました。

お母さんたち、嬉しくて泣くし。


試合が終わって、6年生たちがちびっ子を連れて
みんなでお風呂屋さんへ行くのも恒例行事。

そして夜は公民館を借りて、
ピザや唐揚げで打ち上げ。
さっさと食事が済んだらまた6年生が仕切って、
次から次とゲームゲーム。

準備も計画もしていないのに、
言葉あてゲームやじゃんけん大会、ハンカチ落とし。
母たちが準備したお菓子を確保して景品にして
ちびっ子たちを盛り上げます。


みんなが弱いチームって言うのも、
一体感があっていいよね。
娘が引っぱり役になっていたことも感激でした。


ゴールデンウィークからは各チームの強い子たちばかりを集めた
連合チームが編成されます。
娘も参加する予定だけれど、そこではみそっかすなのよね。

ほんわかちびっ子たちのお姉さん役もがんばったから、
次は、技術もモチベーションもあって、
勝負に対するキリキリした執念のあるチームに
身を置く事もいい経験でしょう。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-04-26 12:07 | 日記