子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

心配事


すごくすごく気にかかっていること。


小学校のお母さんで、悩んでいる人がいます。
ママ友関係、子どものお友達関係、自分の家庭環境・・。
体も強くないようで、体調不良がさらにネガティブな考えを誘発。
自分が鬱気味だということも自覚しています。
彼女の人生で、今は試練の時なんでしょう。


ひょんなことから彼女の悩みを聞くことになり、
(人に話してスッキリできるなら)と、相談を受けました。
相談と言っても、わたしにできることは何一つなく、
色々と考え方の転換を促しても、悩める彼女の耳には届かず。
悪いことに、わたしの顔を見ると悩みを思い出してしまうようになりました。
すがって訴えて怒って泣いて。
道で会おうものなら一時間は動けなくなります。


彼女の体のことも心配だし、
彼女の子どももチックがでかけていて心配。
それより何より、怒りに任せて
ちょっと物騒なことを言い出すようになりました。


連想するのはこんなことあんなこと
嫌だ嫌だ絶対やめてー。

知っているのはわたしだけでなく、
まわりのもっと責任ある人たちもいるのに、
みんななぜか楽観的に構えています。
「やばいって、危ないって!」
取り乱しているのはわたしだけ。わたしの気が変になりそう。
もうすでに彼女の心配ではなく、我が子の心配だけで
パンクしそうになっています。
さいわい、とーとんも理解して最大限の協力をしてくれています。


区役所にも警察にも、相談窓口がたくさんあるけれど、
細分化されているために、どれも今ひとつぴったりこない。
なにより、彼女自身の認識と客観的な問題点とにズレがある。
楽観的な役職付きの人にやんわりとストップかけられたような気もして、
動けずにいたけれど、彼女に手を貸すことが、
自分を落ち着かせる唯一の手段だと思い、動くことにしました。
第一歩は、月に何度か学校に来られるスクールカウンセラー。
今週連れて行きます。
カウンセラーの先生に丸投げして、少しずつでもいい方向に向かうのか、
それとも同席して、そこを足がかりに次々行動することになるのか、
今まで縁がなかっただけに見当もつかないけれど。

単にわたしが心配し過ぎなだけなら、わたしがカウンセリング受けなきゃ。

うちの二人と、彼女の子はあまり接点がなく、
わたしが我が子の心配をするのは見当違いみたいだけれど、
うちの子たちは、万が一居合わせたら絶対とばっちり喰うタイプ。
自分の子供の「生きる力」を信用していません。

解決する日がきますように。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-11-30 13:43 | 日記