子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

年末の風景



f0039934_1102694.jpg

毎年恒例の中之島・御堂筋イルミネーション。
今年は実家に寝たきりの祖母がいるので、
車に乗せてイルミドライブを・・と画策していたのですが、
早めの夕食が済むと祖母はもう横になりたい様子。
ベッドから車椅子、車椅子から車へと、
ヘルパーさん並に働くつもりだったんだけど中止。
どこでも出たがり行きたがりの祖母だったのに、
と思うとがっかり。

早めに祖母の寝る支度を済ませてもらい、
母と娘とわたし、女系三代で出かけました。
(息子はテレビみたいから、と父とお留守番。)

祖母を連れて御堂筋ドライブだけのつもりが、
元気な三人組になったので、中之島も隈無く歩き回りました。

f0039934_1185017.jpg

f0039934_119850.jpg




            * * *



去年のクリスマスで、もうサンタさんは来ないと決まった我が家。
サンタ仕込みがどれほど楽しいイベントだったかを思い知りました。
今年は直接リクエストを聞いて、プレゼント手渡し。
条件付きのプレゼントだったりするので、
きちんとお約束してわたせたのは良かったんだけど、
やっぱり淋しいなぁ。
(娘はユニバーサルの年間パスが欲しかったので、行くときのお約束をこまごまと。)
娘も「サンタさんがこっそりツリーの下に置いてくれるのが楽しみだったなぁ」
と淋しがってました。
でも、どうやら息子にはサンタさん来たんです!

PSPが欲しかった息子。
DSもWiiも持ってるのに、そんなにゲームばっかり嫌。
と、わたしが拒否してプラモデルにリクエスト変更させてたんですが、
クリスマス前日、取引先との忘年会に行ったとーとんが、
なんとビンゴでPSP当ててきました。

小学校4年生ではサンタさん卒業早すぎたんじゃないかと、
悔やんでいたけれど、ほんとうにサンタクロースはいるかもしれない。
息子には忘年会でもらえたことを話したけれど、
母のわたしがサンタクロースの計らいじゃないかと
信じています。

誰の贈り物だろうと、ゲームが増えて夢中になっちゃうのは変わらないけれど、
喜ぶ顔を見たら、こんなラッキーも良かったかな、なんて。



            * * *



鼓笛のクリスマス会では母バンド「BBB48」演奏しました。
予想に反して?予想通りか・・学芸会のような演奏。
でもその下手さも気付かれないくらいの超短い曲で、
「お?終わりー?」と驚かれてさっさと退場したのでした。
満足満足。

息子たちのクイズグループは「笑わせてくれたで賞」を。
娘たちの合奏グループは「可愛かったで賞」を獲得しました。
可愛かったで賞発表のとき、先生が、
「自分たちが取れたと思う人?」と聞いたので、
BBB48は5人揃って手を挙げたんだけど、
惜しくも(?)のがしてしまいました。



            * * *


行事もすべて終わり、大掃除。
するべき箇所をリストに書き出して、何を手伝ってもらおうか、
考えていると、二人が次々名乗り出て、キレイに三等分、
お掃除分担が決まりました。

自分の持ち場を競争のようにお掃除始める子どもたち。
こんなラクさせてもらっていいのかしら〜。
けど案の定。
息子の持ち場はちょっとやり足りなくて、一緒におさらい。
娘は丁寧すぎて進まなくて3人の共同作業に。

分担制は機能しなかったけれど、
みんなで一緒にお掃除できてはかどりました。
二人とも反抗期にかかっていない、
貴重なタイミングに年末だなんて、今年はラッキーだ〜。



            * * *



明日からはお正月料理の買い出しと仕込み。
ポチ袋や祝い箸の箸袋を作ったり。
好きな作業だけが残っています。

あ!年賀状まだ書いてないのわたしだけだった〜!!
[PR]
by shinya_kobo | 2010-12-30 02:11 | 日記