子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

キャンプ後の娘

娘がキャンプから帰ってきました。

どことなく落ち着きを増し、一回り大人になって・・・
・・・みたいな風景を、針の先ほど期待してましたが、案の定、期待はずれ。
2泊3日程度で人が変わったら、かあさんびっくりだもの。

とにかく無事に帰って、やれやれです。



解散して、わたしと二人になると、堰を切ったように次から次へと
あったことを話し出しました。
話は前後し、主語は抜け、思い出し笑いで言葉が聞き取れず・・
興奮だけがしっかり伝わりました。



そして家についても話し続けるのを聞きながら、荷物の片づけを始めると、
突然むっつりだまりこむ娘。

「どうしたん?」と聞いてもなぜかすごく怒っていて、
「なんでもない。」と言うばかり。(目に涙が浮かんでいるし)

嫌がるのをしつこく誘って抱っこすると、ようやく落ち着きました。


何かわたしの相づちが気に障ったのか、どんなきっかけがあったのか
思い出せないくらいなんだけど、きっとすごく気が張っていて、
わたしの顔を見たこと、帰宅したことで一気に緊張が解けたようです。

ひとしきり抱いて、髪をなでていると、ふっと落ち着いて笑顔に戻りました。



次の日にも、またいろんな事を思い出しては、話を聞かせてくれました。

すごくすごく緊張して、大冒険して帰ってきたんだね。


その三日間わたしは・・・
けんか相手がいなくておとなしくなった息子と二人きりで過ごしながら、
ココロはキャンプ地に。
時計を見ては娘のスケジュールを追って、仮想体験してました。

怪我してないか、お友達と仲良くなれたか、失敗して落ち込んでないか・・。
「バス」とか「食事」とか、キャンプ関連のキーワードに異常反応してるし。

バスから降りてくる娘を見つけて、また、かあさんの方が泣きそうだったよ。


また次も行きたいそうです。
そう思えたことは、ひとまず大成功。


話を聞きながら「いいなぁ〜」ばかりくり返す息子は「でも行きたくない」そうで。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-08-05 01:34 | 日記