子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

腹痛

月曜日。息子がおなかを壊して痛がっているからお迎えにきて下さい、
と幼稚園から電話がありました。

真っ青な顔で何度もトイレに通い、くだしている、と。

急いで連れて帰り、かかりつけの小児科の午后診の時間を待っていましたが、
文字どおり「のたうちまわって」痛がるので、
家で時間を待つより、待ち合い室で待とう、と病院へ。

少し早いですけど、ここで待たせていただいていいですか?と聞くと、
30分も早かったのに、どうぞと診察室へ通されました。










先生は時間外の患者にとても不機嫌で、痛みの経過を問診しながらも
「時間外やからね」とくり返し、のどを見るにも
「口開けてベロ出してアッて言って」と早口で言い、息子が即座にできないと
「お母さん練習させといて、もう5才やねんから」と叱られました。
痛いおなかはろくに触りもせず、整腸剤を処方しておしまい。

あまり病気をしない息子が、こんなに苦しむのは初めてで
すがる思いで行っているのに親子で叱られるなんて・・。

この、ヤブ医者ー!と叫ぶ時間ももったいないので、急いで病院をはしご。

かねてからいい評判を聞いていた小児科に飛び込みました。

ここではとてもていねいに診て下さった結果、
「ノロ」か?「ロタ」か?の予想に反して「便秘」!

お薬で「出して」スッキリした息子。照れ笑いして帰りました。

帰宅後、幼稚園にもオチのついた笑い話を報告。・・したのに、
夜からまた、1、2時間おきに苦しみだしました。

(どうしよう、どうしよう・・)

隣で娘は寝ているし、とーとんはまだ仕事から帰らない。

息子を抱いて、おなかをさすりながら、(救急車を呼ぼうか・・)

救急車を呼んだら、娘は起こして乗せていこうか、それともとーとんに帰ってもらうか
実家の母を呼ぶ方が早いか、そのタイムラグはどうするか、
悪い病気だったらどうしよう、即、開腹手術なんてなったら、入院したら娘の世話は、
救急車呼ぶならわたしパジャマ着替えた方がいいかしら・・。





結局一晩これをくり返し朝になり、娘を学校に送りだしたあと、また病院に行きました。

まだ強烈に痛がっていましたが、菌も検出されず、原因不明。
総合病院を紹介されました。

検査で菌が出てほしいような出てほしくないような・・。
原因がわからないと言うのは不安なものです。


移動して、受付して、診察室にたどり着くまで、2時間半。
痛みも少しづつ和らいできたようで「腸炎でしょう」と言う診断でした。




腸炎?まぁ、もう治ったからいいですが。

良く診て下さった小児科の先生にも報告。
「しかし迫力あったなぁ。お母さん一晩よう耐えたなぁ。」
どうかなったらどうしよう、と本当に恐かった。
子供と母の気持ちに寄り添ってくれる先生に感謝です。


少しずつお粥を食べて、息子の痛みもやっとなくなりました。
3日間、気合いが入ったので、風邪ぎみだった私も元気になりました。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-12-02 03:50 | 日記