子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

発表会

娘のエレクトーンの発表会がありました。



f0039934_2355726.jpg

曲目はモーツァルトのトイシンフォニーのトランスアレンジ。

普段は二人のグループレッスンですが、今日は発表会用に組まれた同じレベルの
8人組のグループ発表です。

まだまだ未熟なグループながら、かっこよく演奏しています。

間奏で娘はおもちゃのラッパを吹くのですが、間奏に入ったとたん
他の6人が頭上で手拍子。

えっ!!

合同練習も何度かあったので、娘は知っていたのかもしれませんが、
初めて見たわたしはびっくり!
客席でわたしは娘以上に緊張していたので、腰が抜けそうでしたが、
ステージの娘は臆することなくラッパを吹いていました。
さすがトランペッター。関係ないか。(鼓笛隊ではトランペット担当です)



前日もわたしが言うまで練習しようとしないし、
当日もそわそわする様子もなく出発するし。
(緊張ってものはないのか?)と、反対に怒りさえ覚える娘の姿でしたが、
出番待ちの舞台そででは「ラッパを落としたらどうしよう・・」
と、先生にしつこく聞いていたそうです。




わたし自身が長年エレクトーンをしていて、たまたま家にエレクトーンがあるので
習いはじめた娘。


べつに音楽でどうこうしようと言う気もなく、
才能を感じさせてくれるかけらもなく。
その程度で良いと思っているけれど。


でも、発表会でかっこよく演奏する中学生くらいの子を見ると、
(こんな風になってくれたら、人生の楽しさ増えるなぁ・・)
なんて思ったりして。

ついでに高学年の男の子を見ると、
(演奏できる男の子ってかっこいいのになぁ・・)
と、おけいこをやめてしまった息子のことを悔やんだりして。


でもきっと。
音楽を少しでも知っていることと、舞台に立った緊張感は
あなたの将来を何割か、楽しいものにしてくれるはずです。
[PR]
by shinya_kobo | 2007-04-01 23:46 | 日記