子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

虐待ホットライン

爽やかな季節になりました。
窓を開けると、時折吹き込む風が気持ちいい・・。




我が家があるのは民家の密集地です。
窓の外にはまた、どこかの家の窓(ベランダ)があります。
うまく視線はそれているので、それはあまり気にならないのですが・・・。



リビングの窓の近くには、よそのマンションのベランダがあり、
向きが違うので、お互い身を乗り出さない限り姿は見えないけれど、声は良く通る。


1つと3つくらいの小さな子供のいるその部屋のママは、外で見かけると
かわいらしいおとなしそうな若いママ。
けど四六時中窓から、ママの怒鳴り声と子供の泣き声が聞こえてきます。
大阪の若い母親って叱り方が口汚い・・って思うのは偏見でしょうか。


聞いていて(聞きたくなくても聞こえてくる)悲しくなるくらいの
罵りようで子供を叱り、ガシャーンと何か倒れる音がしたり、
続いて子供の泣き声がして・・。


気が気じゃないんだけど、子供が何かをされてるのかどうかわからないし、
外ではおとなしそうなママだけに、私に聞こえていると気付いたら
きっと傷つくだろうし・・。
まだ幼稚園の年齢じゃないのか、夜遅くまでおもちゃの音、叱る声が聞こえます。
そしてさらに悲しいことに、休日にはパパの怒鳴り声も倍になって加わります。



小さい子を二人抱えて、ママは育児に追いつめられているのかな。
だいたい子供も3つくらいまでは、叱らなきゃいけない事なんてなかったような・・。
分かち合えるお友達ができたらいいのに。
幼稚園か保育園か始まれば、少し息抜きできるのに。




私も出かけることが多いので、それがずっと続いているかはわからないけれど、
あまりに頻繁に叱られている子のことを思うと、辛くなります。




そんな先日。
またいつものように、ママの怒鳴り声と子供の泣き声が聞こえてきました。
するとそこにパパの声が。
「次は〜、新大阪〜、新大阪〜、悪い子は〜、降りてください〜」
泣き声は止み、しばらくしておもちゃの音が聞こえてきました。


パパ、叱るばかりじゃなくて、楽しく気をそらす方法を思いついたようです。

なんかホッとした・・。

こうして少しずつ育児が上手になり、子供も親も成長するのかもしれない。
私だって最初から今のようにできていたわけじゃないし、
子供の成長につれて、子育ても変わって行くんだろうし。






欲を言えばもうちょっとパパ、小さな声でアナウンスして欲しいんですが。
[PR]
by shinya_kobo | 2007-05-11 02:37 | 日記