子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

交通事故

今朝早く、とーとんが東京出張だったので、新大阪まで車で送っていきました。
始発の新幹線かな?車は6時前に新大阪着。

寝ている子供達をそのままに家を空けたことなんてないので、
(今、事故ったら子供達は親のいない子になるなぁ)
なんて、嫌な空想がよぎったので、すごく慎重に安全運転。
無事送り届けて、子供達が起きる前に帰宅しました。





そこまではよかったんだけど。





8時過ぎには二人とも登校し、次は母を仕事場まで送っていこうと思い連絡しました。
自分の予定のない限り、とーとんや母やおばあちゃんのアッシーをいつもしています。




9時前。母を迎えに行き、仕事場へ向かう途中の信号待ち。

後ろからタクシーが「ドーン!」。





私は停車中、タクシーはたぶん3、40キロ出てたと思う。
車の後ろは大きくへこみ、タクシーのライトは割れ、バンパーも曲がってました。
母は頭が痛くなり、私は何ともなかったけれど、ショックで足ががくがく。
気分が悪いのは、ぶつかったからか、驚いたからか・・。


救急車は必要ないと伝えたせいか、警察の到着まで30分。
腰砕けでへたり込んで待ちました。

年配のおじいさんドライバーは平謝り。
タクシー会社提携の保険の担当者も駆けつけて、
治療と車の修理と代車は手配してくれるそうで、私たちも冷静に対応。

けど、思い出したらまた口から胃袋とび出そう・・。
まだちょっとドキドキがおさまりません。





警察の調査中(場所や距離を測ったり、写真を撮ったり)、
母は自宅にいる父に電話しました。

「で、どうすればいいの?」と、父は言ったらしい・・。

自宅からはそう遠くない場所。すぐ行くわって来てくれてもいいのに。
と母は怒ってました。





私も帰宅後、とーとんに電話。(出張の仕事中だったけど)
「で、修理とか全部、相手の保険がしてくれるんやろ?」
第一声がこれ。

ピッと電話を切ってから、「まず、大丈夫?って言葉が出んか〜!?」
とひとりで悪態ついた瞬間に、もう一度電話が鳴り、
「しょーこの体は大丈夫か?」だって。私の独り言、東京まで聞こえた?
大丈夫だから笑い話です。



車を運転するようになってから、第六感じゃないけど、なにか嫌な気のするときは
運転をしないようにしています。
普段気付かない体調の変化や、わずかな眠気なんかも、
これから運転って時には微妙に違和感になって(やめとくほうがいい)って感じるみたい。


今朝感じた、嫌な空想は何か予感してたのかも。
といっても、100%後続車の責任の、私には避けようのない事故だったんだけど。



でも。
子供達が乗っていないときで本当によかった。
もし、って考えただけで、口から胃袋とび出そう・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2007-07-03 16:41 | 日記