子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

給食

30年前に小学生だったしょーこです。

私たちの頃の給食は、・・
「たち」って言うな!と思った方ゴメンナサイ。
たぶん今、小学生のお母さんの世代の方は子供の頃、
給食を「なるべく残さない」「苦手なものも頑張って食べる」
って育ったんじゃないでしょうか。

さいわい私は激しい好き嫌いはなく、性格的にトロい(!)から食事も遅かったけど、
最後まで給食が食べられなかった思い出はありません。

どうしても何かが食べられなくて、みんなが掃除を始めて埃だらけの中、
1人残って食べてたり、熱血先生と向かい合って励まされてたり、
そんな友達もいました。  ♪ボクの先生は〜フィーバー〜・・





子供達に聞くと、今の給食風景は全然違うようです。
嫌いなおかずは少しでよくて、それさえ残してもかまわなくて、
「できるだけ頑張り」と、言われるだけみたい。

学校や先生によって指導も違うだろうし、アレルギーの問題、
食の細い子や、無理強いのせいで好き嫌いをつくらない、とか、
まっとうな今らしい理由はいちいち肯けるんだけど・・。






息子のクラスのお友達。(アレルギーではない)
牛乳が嫌いで、蓋だけ開けてそのまま流しにジャーっと捨てるらしい・・。
で、紙蓋欲しさに(メンコになるからね)欠席の子の余った牛乳まで
蓋を開けてジャー・・。


ちょっと信じられないでしょ!
頑張って頑張って、でも苦手で飲めなくて、半分残った牛乳を
罪悪感いっぱいでジャー、ではないんです。

毎日毎日200cc。
自分の子が牛乳苦手だったら、給食どうしてるのか親は知ってるのかしら。
親も先生もわかってるけど給食費払ってる以上毎日一本わたさなきゃいけないのかな。
牛乳を下水に流すことで環境にも悪いんだし。
その子のおうちだってスーパーで牛乳買ってるはず。


じゃあどうすればいいのかは全く思いつかないんだけど、
あまりに自分の常識とかけ離れているので驚きました。

子供達の食べ残しを自分の胃袋に捨てている母には理解不能。
食べ物をごみ箱に入れられない女です。だから太るのよっ・・





娘のクラスにも牛乳が苦手な子はいて、
「頑張って一口でいいから飲んでごらん」と先生が言うので、
毎日一口だけ飲んで、残りは流すそうです。
こっちなら仕方がない気もする。


ちなみに息子のクラスの「牛乳ジャー少年」は1人ではないそうです。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-02-08 02:25 | 日記