子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

参観日

子供達の今年度最後の参観日でした。

毎度同じく45分で2クラスのはしご。
いつもは、同じ学年に兄弟を持つお母さん仲間でリサーチして、
前半後半どちらを回るか判断するのですが、
今回は最後ということもあって、両クラスともお遊戯チックで判断が付かない。

じゃ、まどっちでもいいか。ってことで、前半に娘のクラスを見ました。

前半は国語の教科書から音読劇。
まだ年齢的に照れがないのか、大阪の子らしくウケをねらっているのか、
みんなハキハキと声色を使ってとっても上手でした。

リコーダー演奏の発表は諦めて息子の教室へ。

息子のクラス。前半は何をしていたのかわからないけれど、
私が行くと教室ではリズム遊びの真っ最中。
・・幼稚園に来たのかと思った。

息子の担任の先生、私は大好きで素敵な方なんだけど・・これはどうなん?

私の見る目が「初めての一年生」と「二度目の一年生」だからなのか、
娘への信頼と息子の頼りなさの差なのか、

でも他のクラスに兄弟を持つお母さんも同じ事を。「今年の一年、幼稚・・」

たまたま最後の参観は楽しみましょうという位置づけだったのかも知れません。
楽しそうだったからいいか。 いいのか?



その後のクラス懇談も半分ずつはしご。
どちらかには絞りきれなくて、両方出たいという思い入れでの行動なのですが、
半分のお話では、やっぱりなんのこっちゃわからなかった・・。






今日見た、息子のクラスのびっくりお母さん。
以前から(プチ・モンスターだな)と、用心はしていたのですが、
なんと、参観しながらガム噛んでました。
ドびっくり!!
[PR]
by shinya_kobo | 2008-02-23 01:36 | 日記