子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

P ! T ! A !

とうとうお仕事きちまいました。

娘と息子あわせて8年の小学校生活、いつかはくると思いなら、
8年くらいもしかしたらスルーできる人もいるかも・・。
なんて甘い考えも吹っ飛びました。
「役員のお願い」お手紙が、
2年1組○○様、4年3組○○様・・、なんで同じ手紙が2通もくるの!?
両方のクラスで出てしまったということですね。観念します。

で、そのお手紙で8つある委員会の希望を書いて出すんだけど、
未知の世界に希望も何も・・。

結局、広報委員会になりました。
今年の広報委員会の委員長も副委員長も、昔からのお友達。
委員リストの中から私の名前を見つけて、ふたりでガッツポーズしたそうな。

なんで喜ぶ?
知らない人より知ってる人の方が、という理由はもちろん、
「絶対断らないだろうから」という理由らしいです。

だってここまできて断ることなんてできないでしょう?と聞くと、
電話をかけたら「やりません!ガチャン!」と切る人もいたそうで。

同じ学校のお母さん同士ってわかってるのに、
そんな失礼なことができる人がいるんですね〜。びっくり。

そんな断り方のできないお人好しの集まりってことで、
委員会、お友達がいっぱいいます。
ある意味、心強い。


一昨年とその前、幼稚園の役員が殺人的に忙しかったので、
「幼稚園に比べたら小学校なんてへのカッパ!」というまわりの言葉を信じて
今はのんきに構えてますが、
小学校から中学校、町会の役員はひとつながり・・
という恐ろしい言い伝え(?)もあるので、油断はならないです。

それより!
あいつ使えない!という悪評がつかないよう、できる範囲でお役に立たないとね。
来週の第一回からスケジュールつまってるらしいです。
活動的な毎日が始まりそうです。



そして昨日。
鼓笛隊練習日、お迎えにいったら先生に、お手伝い要員の打診が・・。
あ〜。姉弟そろって5時帰宅の母の幸せな火曜日も、消えてしまいそうです。
でも、二人もお世話になって、何かご恩返しくらいしないと・・。なんて考える、
こういう人が地域に吸い込まれていくんですね・・。

どんなお手伝いができるのか、先生と相談して出勤形態(?)を相談しようと思います。

パートにでも行っときゃよかったかな〜・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-05-21 22:00 | 日記