子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

続・お仕事

PTAはどうやら火曜日、そして鼓笛隊の練習日も火曜日です(と、日曜日)。

午前中に用事と買い物、夕食の支度を済ませ、子どもたち帰宅後のおにぎりも作って、
お昼から学校に行きました。







まずは広報委員会。
先週↓の中途半端な提案の行方が気になりつつも、手ぶらのわたし。

学校の広報誌作りに、初PTAの分際で偉そうに出しゃばるのも・・、
と少しの間おとなしくしていましたが、
やっぱり印刷工程までに無駄な動きが多すぎるのがどうにも気になって・・

スミマセン。やっぱり出しゃばりました。


だって、みんなで数時間かけて必要ない作業をするのもったいないでしょ?


すごくすごく控えめに丁寧に言ったつもりだけど、みんなどう思ったかなぁ。
委員長でも広報経験でもない人が、いきなり次の作業を説明するんだもの、
「???」な人はいたかも。

でもきっと仕事がスムーズに早く終わればそれがみんな一番いいはず。
あまり気にしないことにします。

正副委員長が友達じゃなかったら、
悶々としながらもやっぱり飛び越えてはできなかったでしょうね。

ある程度の作業をみんなでした後、結局、わたしが自宅で宿題することになりました。
一週のばして同じことだった・・。













会議室を出てその足で鼓笛室へ。


次はかわいいかわいい野獣達のお相手です。


この春は低学年の入隊がいつになく多く、
みんなが合奏している間、演奏に入れない新人達は自由奔放。


この子達を、楽譜が読めるようにして、演奏できるようにして、
合奏に合流させるのが当面の役割、かな。

あぁ、遠い道のり・・。






自分の幼い頃のピアノレッスン・・は、昔すぎて逆立ちしても思い出せないので、
数年前の、娘の初期のピアノレッスンを思い出します。


音符カード(娘のときに作ったもの)をフラッシュして当てっこ。
競争になると調子に乗る子とへこむ子がいるので慎重に。
逃げ出す子を追いかけたり、ちょっと大げさに誉めたり。








他の先生達と彼らに必要なツールを話し合っていて・・。
あ、まずい。
また「作ってきます」とか、口走るとこだった。
今週来週のスケジュールを考えると安請け合いはできないので、
すんでのところで口を閉じたけれど、先生に、
「急がないから」と言われてしまいました。


気長に待っててください。











しかしなんてリバティな新人達。
我が子らもこんな風に迷惑をかけてきたんだろうか。


気になったので娘に聞いてみると、
娘のときは、新人たった3人のうちトランペットに進んだのは娘一人だったので、
みんなについていくのが必死だったそうで。(後の二人もそれぞれ違う太鼓でした。)


息子の同期達もけっこうまじめに頑張っています。




じゃあ今年だけ? それって単にわたしがナメラレているだけなのでしょうか。
よその子相手に厳しくするのも大変なので、
このままゆるキャラでいかせてもらいます。

でもちょっと責任感じちゃう。
やっぱり楽譜ツール、急いで作っていこうかな〜。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-06-11 02:10 | 日記