子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にんまり




急に肌寒くなりました。
先週頭、ちょっと調子が悪いかなぁと思いつつ手を打たず、
半ばにビタミンを飲んだりした頃には手遅れ。
木曜・金曜、久しぶりに寝込みました。
熱はさほど上がらなかったものの、体中が痛くて朦朧として、
うんうんのたうち回ってました。

いつもは、たまに風邪を引いても、あやしいと感じたところで引き返せたり、
熱がでても一日でなんとか(家事はできる程度に)復活してたのに、
今回は失敗。
年齢?と考えて愕然としつつ、
予定キャンセルのお詫びメールを出していたら、
「忙しすぎだよ」との返信が何通も。

そうだったかもしれない。キャパオーバーで張り切りすぎてたのかも。
歳なのに。←結局それ!?

子どもたち相手には、頼もしいお姉さんのつもりなんだけど。





頼もしいお姉さん、病み上がりの週末はまた鼓笛隊の発表の引率をしてました。


今回は、会場まで自転車移動、ちょっと距離があるので、
先生や保護者に担当を割り振って少人数グループで移動します。

大きい子からじゅんばんに、
「○○先生についていく人は、△△、□□、××・・」
てな感じで、分けていかれて。


途中で3年生男子
「なぁなぁ○○ちゃんのお母さん(←私)は誰連れて行くん?」
「えっと誰やったかな?」なんて答えてるうちに、その子は違うグループへ。
「え〜っ」 文句を言いながら行きました。

「○○さん(←私)と行く人は・・」と言われたとたん、
2、3年生女子が数人「はいっ!」と手を挙げる。(立候補制じゃないんだが)

残念ながら、私は息子を含めた1、2年生男子受け持ちでした。

一緒に行きたいと言われたようで(言われてないけど)、
ちびっ子相手ににんまり。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-09-29 00:34 | 日記