子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:制作会( 5 )

フェルトネックレス



フェルトが恋しい季節。

また作っています。撮影が下手で真っ黒だけれど、
ダークブラウンやモスグリーンのきれいな色です。
f0039934_16281445.jpg

f0039934_16283753.jpg

f0039934_16285272.jpg


最初のは自分用にしました。

グレー系とブルー系、あと2本作っていたけれど、
写真撮らずに人にあげてしまった・・。

毎年何本も作って、お店においてもらったり人にあげたり、
一本自分用を作るけれど、結局あげてしまうことが多いです。
このこは春までわたしが使おう。・・たぶん。




作品を置いてもらっているお店は、縫い物、編み物、お花・・。
色々な手作り品がおいてあるので、
作ることが好きな人が来られることが多いようです。

フェルトのネックレスを見た方が、
「自分で作ってみたい」と言われたそうで、
今年も講習会することになりました。

講習って、みんなと同じ決められたものを作りたい人と、
方法だけ習って多少オリジナリティ出したい人と、
どっちが喜ばれるのかしら?

家で続きができるのと、その場で完成させたらもうやらないのと、
どっちがいいのかな?

わたしは、方法だけ習ったら自分のアイデアで、
納得いくまで作りたい方だけれど、
講習終わりに作品未完成というのも、
講習会としてはだめな気がします。


今回は誰でも短時間で完成できるフェルトネックレス。
(物足りなかったらおうちで続きしてね)作戦。

選べる3色。赤系、グリーン系、ブルー系。
f0039934_16412288.jpg

f0039934_16432642.jpg


フェルトボールは3つ作ればサマになるので、
見本は3つだけ。
けど、当日デザイン違いを見せて、
ボールたくさんと違うビーズやパールと合わせる見本も
見てもらおうと思っています。
キットに入っているフェルトは各色4〜5個くらい作れる量。
とりあえず一つ完成させて、おうちでゆっくり二本目を作ってもいいし、
手の早い人なら時間内に違うパターンで作れるかも。

フェルトニードルとネックレス一本分のパーツは入っています。

丸じゃなくてしずくやハートにしたり、
色をマーブルにしたり、
個性的に楽しんでもらえると嬉しいです。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-12-01 16:54 | 制作会

フェルトの会

3回目、フェルトの制作会でした。

前回までの見本にしていた作品がだいぶ売れてしまってなくなったので、
今日はケーキを追加。

f0039934_2263285.jpgf0039934_2264771.jpg


お店で慌てて撮ったのでピントがあってないし、
左のケーキもほんとはもう少しおいしそうなんだけど。
箱を閉じたところの写真も撮り忘れましたが、ケーキ箱も手作りです。
三角定規で展開図を作って成形、実はこんなことけっこう得意技だったりします。




今日来られたのは私のお友達。
娘と同じクラス、鼓笛隊も同じ子のお母さんです。
とても器用な方で、少し最初の説明をすると慣れた感じで作り始め、
いちいち説明の必要のない様子で作られたので、
フェルトそっちのけでずーっとお喋りしてました。
これで「講習会」だなんて・・ごめん。


「何作る?」と、最初にずらっと並べたサンプルを見てもらったら、
「うさぎにしようかな」というので、私も一緒にうさぎをつくることに。

うさぎ顔のお人形を作っている横で、私は動物のうさぎを作り始めました。
頭は球ではなく、鼻のあるしずく型に、体はおしりの盛り上がりと、
後足の付け根の筋肉の形と、前足は小さく揃えて・・。

本物っぽい体を意識してつくっていくうちに・・。

ん〜・・。どう見てもこの体は犬。
なので、長いお耳はやめて犬にしちゃいました。
もう〜おしゃべりばっかりしてるから。

f0039934_2223886.jpg


夕方、こどもたちにこの犬をあげると、
シルバニアのお家で飼ってくれることになりました。
「飼い犬」というより「あるじ」状態。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-03-14 22:35 | 制作会

羊毛フェルトの制作会2

先週に続き、羊毛フェルトの会でした。

今日はにぎやか。
お友達がお友達を連れてきてくれたり、お店のチラシを見ておひとりで来られたり。
作り始めの迷いもなく、見本の作品をベースに、
とても手際よく制作会が始まりました。

この頃、羊毛フェルトは流行っているようで、
手芸本コーナーで見かけたり、新聞の家庭欄に載っていたりするけれど、
こればかりは人のやるのを見るのがいちばんわかりやすい手芸かも、と思っています。

縫い物、編み物、もしかしたら粘土以上に臨機応変。
途中でもあとからでも修正がきいて、自由自在な素材です。
簡単で自由で、ふわふわ気持ちいい。なんて私向き。


参加者は同じような年頃の子を持つママ達と、お孫さんが産まれたばかりのご婦人。
それぞれの手芸の話や、子供の話、お料理の話。
育てる男の子と女の子の違いや、子供が巣立ったあとの話。
手は針をにぎり、せわしなく動かしつつも、楽しいお喋りに花が咲きました。

そこで今日の格言。
「どんなにかわいくても子供はいずれいなくなって、最後は二人。
だんなさん大事にせなあかんよ。」
いまだ子供にいっぱいいっぱいの私たちは、感心しきり。
ものを作りながらだからできる、充実した世間話でした。


f0039934_1112167.jpgテーブルとっちらかってますが、完成間近です。


参加の方々の完成品。

f0039934_1171875.jpg
f0039934_1173776.jpg

f0039934_118922.jpg
f0039934_118251.jpg

f0039934_1185250.jpg

全く初めての方がお喋りしながら3時間弱でこの完成度です!
こころなしか、作った人のお顔に似てくるのはなぜ?


先週来られた方はさっそく一週間で、たくさんの作品を作られたと
お店の方にききました。 やっぱり〜!
そしてその方から話を聞いて、私もやりたいという方がさらにちらほら。
キットもあと少し余っているので、また何回かする事になりそうです。

先週までの緊張はどこへやら。
いろんな個性の作品や、お喋りが楽しみです。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-02-20 01:39 | 制作会

羊毛フェルトの制作会

羊毛フェルトの会、初日でした。
って、今日と来週で初日と最終日しかないんですが・・。

午前と午後のふたコマの予定でしたが、参加者も少なく、
なんとなくお喋りしながらチクチクつついてたら
一日経ったようなのんびり講習会でした。

来週は参加者が多そうなので、段取り良くやらなきゃいけないかも。





講習で使う1人分のキットです。
f0039934_22423474.jpg

11色の染めウールとフェルティングニードル3本。
けっこうたっぷり。
なので、基本のやり方さえ覚えれば、おうちでいくつも作れます。





私自身、お稽古や講習会がだいすきで、いろんなジャンルをかじっているのですが、
参加者が全員同じものを仕上げて帰る、あれがイヤ。
基本のキットと作業の基礎だけ習って、自分で考えて作りたいの。
参加する人の発想に答えられる準備をするのは大変なことですが、
発想のヒントになれるよう、サンプルをたくさん用意しました。


f0039934_22541450.jpg前回の人間お雛様に続き、動物お雛様のうさぎ。


f0039934_22551345.jpg赤ずきんちゃんとオオカミ。


f0039934_22555596.jpgスワロとフェルトボールのチェーンネックレス。


f0039934_2257248.jpg皮コードのお花のネックレス。


f0039934_22582089.jpg葡萄のチョーカー。


f0039934_22585771.jpgフェルトボールのバレッタ。


と、まあ思いつくままに作り続けたのは言葉で講習する自信のなさの現れでしょうか。
「わかんない?じゃ、見て考えて」みたいな・・。
やな先生だな〜。  一応質問には精一杯答えますよっ。

ネックレスと言われたらネックレス、じゃなくていろんなデザインで作品ができたら
みんなで感激し合っていちばん素敵だな〜と思います。


講習会などに参加する人には2種類いて、
ヘタでもいいから自分で仕上げたい人、
自分でやらなくてもいいから完璧なものが欲しい人。だそうです。

前者は私。奇をてらったことしてこけるタイプ。
後者はちょこっと習って「先生やって〜」と言うらしい。
この先生そんなことできないから〜。




今日来られた方はどっちだろう。
デザインができないからこの通りに作ると言って、
ケータイで見本の写真を撮りまくって帰られたけど、
お人形もアクセサリーも事細かに作り方を聞かれたので、
きっとおうちで素敵なものができていると思います。


来週も楽しみです。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-02-12 23:27 | 制作会

クリスマスリース制作会

先月の話ですが・・。



去年一昨年と、幼稚園の役員のお仕事をしていたとき、
バザーや講習会の度にいろいろなものを作っていました。

その時多かった声は
「どうやってするのか教えて」
「一緒に作りたい」

手作りには興味あるけど、第一歩が踏み出せない。
そんな人が意外に多いようです。

私は多趣味のいっちょかみなので、これといった専門はないのですが、
勧めてくれて、助けてくれた人もあって、
気軽に手作りを始めるきっかけくらいにはなれるかな、と
先月、ママ友達を集めて制作会を開きました。

More
[PR]
by shinya_kobo | 2008-01-14 03:13 | 制作会