子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最近のこと

幼稚園バザーまであと一週間。
毎日夕方まで園に残り、バタバタと準備しているけれど、
まだ何かやり忘れているんじゃないかと不安です。

最初は「子供グッズをたくさん作って、いっぱい売っちゃおう」と、
お店やさんごっこのノリでいたけれど、
準備の忙しさで、縫い物の気力が残ってない・・。商品には貢献できず(涙)

泣いても笑ってもあと一週間。
万全の準備をして、終わったらまたのんびり好きなものでも作りましょう。



そんな最近聞いた、ちょっと気になる事。
(長いです〜。暇な方だけどうぞ。)

娘のことなんですが・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-24 02:42 | 日記

自転車

日曜日。

お天気もいいので、車に息子の自転車を積んで、淀川の堤防に行きました。

f0039934_22422683.jpg



目的は、補助輪をはずした息子の自転車の練習。
近くの公園でもいいけれど、ここならどこまでも走り続けられるので練習には最適です。
娘の時も何度か通いました。




さあ!練習。
中腰で後ろから息子がまたがった自転車を支え、走ります。

が、ほんの1、2回走っただけで、「もういい、遊ぶ。」
と、ふたりでバッタをつかまえたり、お花を摘んだり・・・。

f0039934_22482985.jpg



もうほとんど乗れているようなのに、ぐらついたりすると怖いらしく、
やる気満々なのは母だけ。

乗れなくて悔しいとか、できるようになりたいとか、闘志はないのかしら。

本人にやる気がないのでは、仕方がないのでただのお散歩になりました。


f0039934_22551378.jpg



秋の堤防、ススキや猫じゃらしがキラキラ光っています。
釣り具を持ってきたとーとんは、ウォーターレタスの群生に釣りを断念。
練習をおえた野球少年達も帰り支度です。


秋風が気持ちいい堤防、子供には自転車以上の誘惑があるようで、
まだしばらく通うことになりそうです。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-17 23:05 | 日記

遠足弁当

娘が学校の遠足に行きました。
年に2回の遠足で、楽しみにしてくれているお弁当。作る方も楽しみです。
デザートはリクエストのマンゴーを入れました。食べる頃、原形をとどめているかしら?

f0039934_11473894.jpg


ピカチュウとアチャモ(ポケモンのキャラクターです)

しずくちゃんと言うキャラクターも最近好きらしいけど、水色なので断念。


遠足はとても楽しかったそうです。
歩いた順序、班行動なので途中ですれ違った他の班のお友達、
何だかわからないことも、ことこまかに教えてくれました。
お弁当は?と聞くと、「アチャモのほっぺがおいしかった!」
アチャモにほっぺは無かったんだけど、ピカチュウのが移動していたのかな?

ひとつづつチマチマとつついて食べている姿が目に浮かぶ・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-15 12:06 | 日記

お弁当リハーサル

明日は小学校の娘が遠足で、お弁当持ちです。
幼稚園の息子には週2回お弁当を作るのですが、
娘は年に数回しか機会がないので、遠足とともにお弁当も楽しみにしているようです。

そんな娘の期待に応えるべく、



息子のお弁当で練習。  ピカチュウ〜!!


f0039934_140476.jpg





・・・に、見えるかな?
(ちなみにおかずはもう一段にあります)


息子のカバンに入れる前に、娘に見せると大喜び。
明日作ってあげるからね。



そして、帰宅した息子に感想を聞くと、

「先生は、かわいいねって言ったけど・・」
「けど、どうしたの?」
「おいしかったけど・・」
「けど?」
「あのね、もう作らないで・・」

言いにくそうに、もじもじと断る理由を聞くと、
隣の席の女の子達に、かわいそうだから食べたらダメ、と言われ、
でもお弁当だから食べるとピカチュウを食べちゃった怪獣〜!と言われたそうで。


前の時は、大喜びだったのにざんね〜ん。(母に遠慮までして)




息子の話を聞いて、娘にもう一度、どうする?と聞くと
「そんなこと言っても聞かないからいいの。明日作ってね〜。」

女は強い!?
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-13 02:04 | 日記

幼稚園運動会

息子の運動会でした。

役員は交通整理や来賓受付などがあるため7時半登園。
みんなの持ち場を確認し腕章を配ると、車の誘導や入場リボンの確認など一仕事です。

登園ラッシュが落ち着くとようやく開会式が始まりました。
プログラム1番は全員でのたいそう。

(お、おどってるよ〜)
って、年長さんなんだから、もう踊って当然なんだけれど、
去年まで踊りが大嫌いだった息子が真剣におしりフリフリするのを見て、
早くもうるうるモードです。

学校と違い、全体的にのんびりお遊び気分の幼稚園運動会ですが、
その中でも年長さんには少し違うものが求められているようで、
顔つきにもピリッとした所が感じられます。

それも当然。年少さんはゴール向いて進めればOK。
年中さんは一生懸命する事が大切よ。と教えられたのに、
年長になると「1人でも抜きなさい。勝ちなさい。」と言われています。

夏休み明けからの練習で(負けん気)というものが息子に芽生えたのか、
かけっこも障害物競争も見たことのないくらい歯を食いしばって走りました。

お姉ちゃんがいるせいでどうしても、幼い赤ちゃんに感じられていた息子と
その同級生が、今日はとても凛々しく輝いて見えます。

f0039934_217752.jpg


本部席、来賓の後ろから見る年長児のマスゲーム。
ちょっとした組体操と、今年はソーラン節を踊ります。
しっかり腰が落ちていてかっこいい。


最後は年長児クラス対抗のリレーでした。
4年連続優勝のたんぽぽ組は、今年5組中4位で連勝ストップ。

最初につけられたリードをとうとう取り戻すことはできませんでした。
バトンを渡したらもうおしまい、とうつむいてお砂いじりをしている子と、
勝敗が気になってトラックをかける同級生を目で追う子。

退場行進では、完走の満足感で笑顔いっぱいの子と、悔しさで涙があふれそうな子、
こんな小さな体で、よく頑張って、どちらもとても素敵でした。

去年まで快走の勝利しか見なかったけれど、こんなちびっ子の負けチームにも
心の葛藤、ドラマがあったんだ。
って、大げさ? わたしも5年目でチカラ入りすぎてます。


子供達はとーとんに連れて帰ってもらい、役員は夕方までお片付けのお手伝い。
帰り道、茜色の鰯雲に感傷的になった、最後の運動会でした。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-10 02:52 | 日記

5回目

明日は息子の運動会。
娘と続けて5年目にして最後の幼稚園運動会です。

縦割りクラス(各学年10人前後でひとつの組)なので、1年は姉弟が重なって
ずっと同じたんぽぽ組です。

毎年恒例の年長さんのクラス対抗リレー。
なんとたんぽぽ組は、わたしの知る限り4年連続で優勝しています。
いつも、ダントツの男の子がひとりいて、
とろとろの女の子の分もリードしてくれたのですが。

今年はその男の子の1人が我が息子。
連勝ストップかなぁ・・。
でも楽しそうなので、勝敗は問わないことにしましょう。


運動会・・なのに本部役員はスーツ着用のとこと。
困った。何を着よう。
と、悩む選択肢も無いので、10年前のパンツスーツ。
白黒極細ギンガム、オリーブグリーン、白刺繍と3枚のブラウスにアイロン掛けし、
どれにするかは明日決めよう。Tシャツでもいいかな・・。

晴れますように。いや、曇りの方が嬉しいかな・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-09 02:40 | 日記

運動会2

雨のため、途中で延期になった娘の小学校の運動会が、水曜日に行われました。

平日のため、観覧は母1人という家庭が多いのか、立ち見が多くて
シートはほとんど敷かれていません。
グランドに近い、いい場所で見ることができました。延期に感謝?

息子も幼稚園に行って、いないので余裕の観覧。



一年生よりは微妙に立派な二年生に感動したり、
高学年のリレーの美しい走り姿に感動したりと、
たかが(?)小学校の運動会に、心揺さぶられっぱなし。

あまり運動が得意でない娘のかけっこも、走り姿がサマになっていてうれしい。
4人中2着の結果に、あまりバカにしちゃあイカンな、と反省。

赤ちゃんの頃からのお友達、Tくんママと一緒に見ていて、Tくんママは
「え〜っ!○○ちゃん(娘)めっちゃ早くなってる〜!!」
どんくさいポテポテ走りのイメージが強かったのか、すごく誉めてくれました。
けして「めっちゃ早く」はないのですが・・。
運動神経のいいTくんは余裕の一番。かっこいい!


個人、団体で少しずつ点のはいる紅白戦なのですが
最後からふたつ目くらいの種目で、得点ボードは隠されます。




「結果発表! まず、一の位を開けてください」

白組 □□1   赤組 □□4    赤組から大きな歓声!


「つぎに、百の位を開けてください」

白組 1□1   赤組 1□4     全体でどよめき。


「では、十の位を開けてくださ〜い!」

白組 161   赤組 154     白組で歓喜の声!!


娘のいる白組の優勝となりました。

高学年のお母さんから聞くと、この数年、赤白赤白・・と交互に勝っているらしく
今年もジンクスは守られた恰好になりました。

来年は赤組になれますように〜。

そしてそのまま子供達は教室へ給食を食べに行き、
保護者が帰ったあと、5時間目の授業を受けてから帰宅したのでした。

「頑張ったね〜!おめでとう」とその場で抱き合いたいのに、ちょっと尻切れトンボ。
混雑も炎天下もしんどいけれど、やっぱり一緒にグランドでお弁当を食べたかったです。

来週の息子の幼稚園運動会は晴れますように!
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-07 01:59 | 日記

夢の世界

一度目の(!)運動会の翌日は娘の小学校が代休でした。
そして息子の幼稚園は入園面接のため休園。
全く別の場所へ通っているのに、なぜかいつも休みが重なる二人です。



平日に二人ともいるのはなんてラッキー!と
ユニバーサルスタジオジャパンへ行きました。

f0039934_0255497.jpg


ところが!平日と思ったのは甘かった!
うちが休みならよそも休み。休日もびっくりの人出で、どこも1〜2時間以上待ち。

それでも来たからには、とのんびり行列に並んで
いくつかのアトラクションを回りました。


子供達は施設のアトラクションが楽しいけれど、
大人が楽しいのは、いたる所で行われているミニライブ。

f0039934_029896.jpg


Lando of oz の入り口ではバンドマンのコミカルなパフォーマンスが
行われていました。
トランペットにトロンボーン・・
おぉ、娘は見たいだろうな、と思い、足を止めると
すっと最前列に陣取ったのは息子1人。演奏を聴いて体を揺らし、ノリノリです。
娘もしばらく見ていましたが
「いつまでいるの?早く行こうよぅ。」
楽器よりも遊園地の魅力の方が勝っていた?






f0039934_0431141.jpg


そしてジュラシックパーク(急流滑り)。
サメ(ジョーズ)や恐竜が大好きな息子は、行く行くと言いながら、いざ行くと怖い。
ジュラシックパークでは恐怖で泣きました〜。
怖くて泣くってかわいい〜!と面白がる母。




f0039934_047088.jpg


最後はネバーランドで、ダイナミックに空飛ぶピーターパン。
親も子も、それぞれの観点で夢の世界を楽しみました。



随所の乗り物にある何種類かの身長制限。
初めて行ったときは、ほとんどダメだったのに、行くたびにクリアしていく子供達。
今回は希望の乗り物すべてに、二人とも断られることなく入りました。
意外なところで成長を感じたりして。




二日も経ったあと、息子は思いだしたように
「サメの海で沈んじゃったお船の人、かわいそうだったね〜・・。」
前を走る船が、ジョーズにおそわれて沈んだ、と言う設定を信じて
心痛めていたようです。
弟のことを(バカねぇ)と笑う娘も、
「訓練された賢いサメだから人を襲ったりしないんだよ〜!」
・・・。 サメは本物だと思っていたようです。(笑)
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-07 01:14 | 日記

運動会

この日曜日が運動会、というところ多かったようですね。
お天気は大丈夫だったのでしょうか・・。

降る降ると言われながらなんとか朝方まで保っていましたが、
やっぱり7時前からポツポツしだしました。
でも、小学校の掲示には「プログラム変更の上、運動会を行います。」


うーーん!すでに大量に作ったお弁当は食べられるけれど、
もしかしてもしかして、鼓笛のパレードは、はしょられやしないでしょうねっ。

娘を送り出し、お弁当や椅子一式を担いで、すでにシートを敷いてあるグランドへ
急ぎました。配られた変更プログラムのお昼休みの項目を一番にチェック!

午前の部終了後、鼓笛隊パレード

よかった〜。これはわたしにとってのメインイベントなので記載されていて一安心。


午前中にダンス、演技種目を集中させ、
昼食後にかけっこ、リレーをするよう変更されていました。

午後から降ることを見越して、練習を積んだ種目は早く、
結果オーライの項目は体育の時間にまわすということでしょうか?


小雨が降ったりやんだりの中、演技はすすみ、
6年生のダイナミックな組体操の間だけ、ウソのように雨はやみました。

  かっこいい!6年生!
  8段にも積み重なる、「特大」人間ピラミッドは、
  隣に立つ先生の身長から憶測しても高さ4メートル以上。
  もし我が子があの中にいたら、と思うと、
  怖ろしいような、ほこらしいような、緊張と感動の演技でした。
  ちょっとウルッと来ちゃった。
  4年後(娘)も6年後(息子)もわたしきっと泣きます。

その6年生が退場門に向かったとたん、待っていたように雨が本降りになりました。
そこで中止のアナウンス。

途中まで進んだので、てっきり中止になるかと思ったら、
残りの種目は水曜日に延期となりました。

お父さん達やお仕事をされているお母さんには残念です。
が、わたしはまた行けるのでにっこり。

あまり早くないであろう、かけっこはともかく、(鼓笛鼓笛・・♪)
と上機嫌でいたら、夜になってからTくんのママからメールが・・。

「めちゃめちゃ残念!メインだったのに、夏から練習もいっぱいしたのに・・」

水曜日には鼓笛パレードはなくなったとの連絡網でした。

グランド用の、あの大マーチングは?合宿までした夏の練習は?
炎天下の陽炎の中何度も繰り返し練習したパレードを発表することができません。
秋には発表の場が目白押し、とはいえ、マーチングができるのは運動会だけでした。

延々一時間、Tくんママと電話で悔しがり、
あまり期待できないどんでん返しの予定変更にすがっています。

今から校長先生に駄々こねに行きたいくらい。

水曜日。娘が「感動!ブッチギリのかけっこ」でも披露してくれたら
気持ちはおさまるかもしれませんが・・。     無理無理。
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-01 23:47 | 日記

リハーサル

明日は娘の小学校の運動会です。
お天気が少し心配。

今日娘は、運動会のお昼休みに発表する鼓笛隊のマーチングの
最終リハーサルに行きました。

母はまた、終了時間前に行ってこっそり見学。

ついこの間まで、ちっちゃいのがお兄さんお姉さんに
お義理で混ぜてもらってる・・ふうだったのに、
ぴしっと行進を決めたり、「やり直し〜」の声に「え〜」と返したり、
すっかりとけ込んでいました。
一緒にちっちゃかったTくんも、大きな太鼓を担いだ顔がきりりと凛々しい。
太鼓が歩いているようだった体とのバランスは、まださほど変わっていないのに、
力強いリズムで演奏を支えています。

明日が楽しみ。

お天気のせいで「延期」ならともかく、鼓笛隊パレードの前に降られて、
「途中で中止」になんてなったら、わたし暴れるから〜!
[PR]
by shinya_kobo | 2006-10-01 00:15 | 日記