子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダメ出し

昨日の捻挫でとーとんはお仕事行けずでした。
どうせ連休の合間だし、ちょうどいいやん休んじゃえ〜と思って見てたけど、
動けない人が休むと朝から晩までテレビが付いててうんざりです・・。
テレビ嫌いに拍車がかかる・・。


連休明け、娘は社会見学、遠足と続くので、思い立ってリュックを作りました。

f0039934_23365841.jpg
このところ娘は女の子っぽいデザインより、渋めやボーイッシュなのが好きなので、
生成の帆布にブルーのバイアス、マリンっぽくしてみました。

f0039934_2339432.jpg
帆布は巾着絞りできないだろうから、ハトメとひもを絞る金具を付けて。

f0039934_23401799.jpg
肩紐も調節できるし、上の持ち手も付けました。
わたしにしては珍しくパーツいっぱい。


なのに。
「なんかポケットがわざとっぽいっていうか・・。」
好みがうるさいお嬢さん、今回はお気に召さなかったようで。
(ポケット大きすぎたとは思ってたんだけど、ズバリ指摘されました・・)

じゃあ、といって息子にあげると、
「やったー!ほんとにいいの?かーさんありがとー!おねーちゃんありがとー!」
見る目はなくても、この笑顔。こういうのが人に好かれるのよ。
覚えときなさいお姉ちゃん。




母と一緒に買い物をしたときに、母が目を留めたビーズのネックレス。
作れそうだったので、何となく雰囲気を似せて作ってみました。

f0039934_23511821.jpg
f0039934_23513891.jpg
チュールでラッピングもしたりして。


「あらーありがとう。」といいながら母。
「お母さんこの菱形、縦の方が・・」とか「もうちょっとチェーン短くして」とか・・。


隔世遺伝か?


こういう身内に囲まれて、わたしも磨かれていくのです。
と思うことにしましょう。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-04-30 23:58 | 子供小物

GW

連休なんて、あーもう大変!なんて言いながら、
今年もお出かけ計画をぎっしり考えるわたしです。

初日は軽く神戸北野坂を散歩。
勝手知ったる異人館・・といいたいところが、もうかれこれ何年行ってないかしら。
元町界隈はちょこちょこ散策しているけれど、
異人館は娘と一緒に行ったことが・・息子は産まれていたかしら・・。
そのくらい久しぶりです。

北野の和ロウソクの工房で絵付け体験をしました。

f0039934_0333550.jpg
全行程の制作はできないので仕上げの「化粧蝋」。

f0039934_0355051.jpg
「上手やなぁ」なんて誉めながら、ちょちょいと仕上げを修正してくれる職人さん。

f0039934_0374742.jpg
絵付けは普通のアクリルガッシュで。

f0039934_0384349.jpg
「何描こう・・」という娘に「お花とか、カーネーションとか、赤使う?」
お店の奥さんはどうにも花を描かせたかったようで・・。

f0039934_040303.jpg
息子は迷わず「恐竜!」。
これ、くるっと回すと茶色い草食竜と、黄色い翼竜と、緑の山が描かれてます。
なんか名前を色々言ってたけど???

和ロウソクって灯したことないです。
子供のは火を付けられないなぁ。一本自分用に買えばよかった。

そして今日
[PR]
by shinya_kobo | 2008-04-30 01:27 | 日記

DIY

我が家の台所。

カウンターキッチンのシンクの反対側に、前の家でカウンターとして使っていた
腰高の棚を置いているのですが、ここがすっかり物置・・。
お茶・コーヒーセットからおやつから塩昆布からポリ袋から・・。
てんこもりにガラクタが積まれて「そのうち家族に(とーとんに)どやされる〜。」
と思いつつ見ない振りをしていたのですが、棚を作って解決することにしました!



お片付けは嫌いだけど工作は大好き。
メジャーで採寸し、チラシの裏で設計図を描き、ホームセンターへ走りました。
釘とねじは使えるけれど、ノコギリは時間がかかるのでカットサービスを利用。
てきとーに帳尻を合わせられる布と違って、カットのオーダーは頭を使う〜!


各サイズになった板を持ち帰って、ガレージで大工さんになりました。


鉛筆で印を付け、インパクトドライバーで穴を開け、ねじを打ち。
板の節目や、サイズのばらつきがでた部分は後ろ側に来るよう方向を確認。
板の反りも計算して正面が美しくなるように・・、
と考えて考えて組んでいったのに!!

一番最後に背面のベニヤ板を正面側に付けてしましました・・。
ショック・・。


あんなに選んだ美しい面は全部裏へ。
棚板も出たり入ったり。
でもベニヤをはがし直すと釘穴の方が目立つだろうから、諦めてペイントです。


カウンターが黒で壁が白。なので黒か白か散々迷ったあげく
焦げ茶のペンキを買いました。
あいだを取るってどうなん・・。


工作の間ずっと横で、息子が見ていてくれました。
ときどき押さえるのを手伝ってくれたり、ドリルで遊んでヒヤヒヤさせられたり。


ペンキを塗り出すと集まってくるとーとんと娘。
塗るところだけ好きなんだね。
みんなで手や服もまっ茶っ茶になってペイント。

f0039934_14543763.jpg
焦げ茶ってちょっと民芸調?
でも気にしていた節目もデコボコも思ったほどめだたなくなって良かった。


一日乾燥させて、足の裏にフェルトを貼って、いざカウンター上へセット。

f0039934_152182.jpg
何をどこに入れるかまでは計算しなかったので、
意外と収納力がなかったけれど、これからはごちゃごちゃ入れない!ってことで。

f0039934_1542677.jpg
横のフックにはお買い物用の手作りエコバッグをかけておきます。


「っっできたー!!どう!?」とみんなに聞くと、子供達は大喜び。
とーとんは「いつまでこんなきれいでいるかなぁ」だって。
もーいやみだわ。意地でもここだけはきれいにしとかなくちゃ!



おまけ。

去年の夏作った子供用の靴箱。

f0039934_15113995.jpg


f0039934_1512285.jpg

玄関作りつけの棚と高さを揃えてばっちり、のはずが、
手を添えるとぐらぐら・・。


それでも半年以上の使用に耐えてます。
危険なものではないので良しとしましょう。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-04-22 15:20 | インテリア

春色

フェルト講習会をさせていただいたお店に、バッグ類やフェルト小物を
置いてもらっているのですが、私の中で本命のバッグ類より、
フェルトの方が人気があったようです。
売れてしまった後で、もう置いてないですか、と
問い合わせをいただいたりしてるそうで。

そろそろフェルトの季節も終わりと思いつつ、
最後に春色で作ってみました。

f0039934_2382840.jpg
しずく型に皮コードで3色。
娘と、遊びに来ていた娘のお友達に好評でした。
「どこで売るの〜?」なんて聞いてくれたので、作ってあげなくちゃね〜。


f0039934_23111564.jpg
お花のような色とシルバービーズ。


f0039934_23115890.jpg
ブルー系は、気持ち涼しげかしら。


f0039934_23132139.jpg
f0039934_2314071.jpg

目玉しずく!?
しかし、どれも写真がへたくそですね。もっと綺麗な色なんですが。



f0039934_2315130.jpg
f0039934_23152834.jpg

かわいいボタンのプリント生地を見つけたのでミシンを走らせていると、
珍しくとーとんがのぞき込みに来ました。
なんとこの生地、知り合いのイラストレーターさんの商品なんだって。
「うちの奥さんバッグ作ってたよって言っといて」といったら、
そんなことわざわざ言うほどの仲良しじゃないんだけど・・だそうです。
写真の紫の他に、こげ茶の切り替えで作って、今愛用しています。


この春は、とーとんの会社から刺繍イラストのお仕事も引き受けました。
「刺繍イラストレーター」というジャンルもあるそうで、
「これを機にデビューしよっか!」と言うと、さらっと流されてしまいましたが、
納品した刺繍はクライアントの方にも気に入って頂けたそうです。(ホッ)



なんだか追い立てられる制作が続いた気がします。
ほんとは「午後の日差しを浴びて、紅茶を飲みながらチクチク・・」が理想だけど、
「昼間遊びほうけて、徹夜で制作して目ギラギラ、3日目ダウン」が実体です。
とほほ・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-04-22 00:27 | 大人小物

春の制作

新学期が始まって10日。
子供達は二人とも今回クラス替えがなかったので、
この春は落ち着いた滑り出しです。
とはいえ、娘は4年生。6時間授業の曜日が増え、宿題もたっぷり。
お稽古に行く前におやつも食べたいし、ボーっともしたいし・・。
(その「ボー」が随所に入りすぎだと思うんだけど)
慌ただしい毎日が戻ってきました。



たった2週間の春休みは連日忙しく遊びまわっていました。

ある日は・・。
図書館の本の返却日だったので、朝から図書館へ。
少し遠回りして長い桜並木を自転車3台で通り抜け。
一度帰宅してお昼ご飯をかき込んで。
昼から娘が春期の体験講習。
1時間半後に迎えに行って、その足で映画ドラえもん。
とんで帰ってエレクトーンのレッスンへ。
で、帰宅が7時前。

箇条書きで6行にもなったよ・・。


この日が一番のハードスケジュールでしたが、他の日も似たり寄ったりでした。

京都にも、神戸にも、USJにも・・。

展覧会は休み直前のムンクに始まり、山下清と、
友達のアトリエの作品展ものぞきました。


長期休みがしんどいのは、自分で張り切り過ぎちゃうからですね。
一応全部子供たちのリクエストなんですが、親子で毎日へとへと。



物作りの体力が残らないので、しばらく制作はお休みしてましたが、
娘のリクエストは「ペンケース」。

3年生までは蓋付きのいわゆる「ふでばこ」を使っていましたが、
4年生からは布の筆箱を持ちたいと決めていたそうで、始業式前に慌てて制作。

f0039934_23572480.jpg
アイロンのアップリケって初めて使うかも。
かわいいのを見つけたので買っておいたものです。

f0039934_23583248.jpg
麻とツイードと綿。
娘曰く「全部地味な布なのにあわせるとかわいいね」だって。
わかってくれましたか?

f0039934_014889.jpg
中ががさがさしないように、鉛筆をさす所を付けたものの(何か失敗?)と
思っていたけれど、布のペンケースにあるものじゃないので、
お友達には好評らしいです。



息子のリクエストは絵の具バッグ。
娘が2年生になるときには張り切って手作りしたのですが、
男の子には何となく意欲が湧かなくて、延ばし延ばしにしてたんだけど、
連絡帳に「絵の具セット」の文字が・・。

息子も、お姉ちゃんに作ったから、自分も、と思うだけでしょう。
どういうの?って聞いたら「青いの」だって。
f0039934_0133494.jpg
↑セットについてたのも青ですから・・。

けど「作って」といって、待ってくれるのも今だけなのかなぁ。


f0039934_017915.jpg
セットのよりもうちょっと素敵な「青」で作りました。
ジャストサイズだと息子には出し入れが難しいかも知れないので、
少し大きめにマチをとったけど、逆に大きすぎたかなぁ。

これを学校に持っていった何日か後、息子が学校に忘れ物をしたので、
放課後、教室について行って見たら、
後ろのロッカーの上でほとんど同じ絵の具セットの間で、
ひとつだけ違うバッグが目立っていました。
間違えなくていいね。



何か作りたい欲が少し戻ってきたので、ちょこちょこ大人モノを作り始めてます。
それはまた次回。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-04-18 23:25 | 子供小物