子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー

<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

コドモのコドモ




話題の問題作(?)見てきました。「コドモのコドモ

f0039934_1121871.jpg
f0039934_1123397.jpg










これは完全なる「ファンタジー」でした。
いわゆる低年齢の出産ものとして現実的に見るには、矛盾、ご都合多すぎ。
で、そこに批判が集まっているようだけど、
「朝起きたらゴキブリになっていた」とか「猿が進化して星を支配していた」とか、
とにかくそういうことなの!と言う設定が一本あっての、ストーリーなのでは?


2回の経産婦としては妊娠の経過、出産について、その後の育児、
もう100くらいクレームつけられるけど、
そこを全てよしとしてしまって、子供たちの表情がステキでした。




主演の春菜役の甘利はるなちゃんは、きれいなアーモンド型の眼で、
子供らしい可愛さが抜群でした。
お友達役の伊藤梨沙子ちゃん、須藤瞳ちゃん、・・・みんな自然で生き生きして。

小学5年生の全体像も、なかなか見ることができない普段の教室を見たようでした。



ファッション誌をめくって細かすぎる希望を言い合う女の子たちの机に、
すぐ横で暴れていた男の子が飛び乗ってくると、
間髪入れずに襟首つかんでひっぺがす。
「男子なんか虫だし」あはは、同感!

「超うざいし」「みんな死ねだし」とか、勢い任せの意味のない言葉を吐いて。
でも仲良し3人の人間関係には異常に気を使う。
揚げ足を取って野次りだすとどうにもとまらなくなっちゃう。

もちろん誇張してはあるけれど、小学校高学年ってこんな感じなんだろうな。


以前の私だったらこういうマセて尖った子供って好きじゃなかった。
でも、娘の友達が集まってる姿を見たり、鼓笛の子たちの相手をしているからか、
その虚勢っぷりもいとしく感じたりして。

そして子供の心に届いていない大人たちをひっくるめて敵と見なし、
団結する子供たち。
この強さや行動力は、本当に子供たちにあるものなんでしょう。
その目的が出産なのはともかく。


本当に子供たちが団結して強さを持った時、
一人の大人も入り込めないことは、実際にはないでしょう。
抱える問題の大きさに、お母さんに相談する子は絶対いるはず。
もし娘がクラスで「大人に内緒」な問題をかかえていたら・・。
・・相談してくれるといいなぁ。そういう親子関係を作っていたいです。

子供とも大人ともすれ違ってしまった麻生久美子演じる八木先生。
とても共感しました。
ついイライラしてしまったり、心を読み違えたりするけれど、
基本的に子供の方を向いている。わかろう力になろうとしている大人は彼女だけ。

「任せとけ」と言ったおばあちゃんは直後に倒れちゃうし。
仕方ないとはいえ頼りになんない。
でもそのおばあちゃん。
春菜が些細なことにムカついて口癖の「みんな死ねだし」と言ったら、
「逝くのは私が一番だねぇ」と返す。
使っちゃいけない言葉をとがめたり、荒れた心を叱るんじゃなくて、
こういう諭し方ができたら、子供って落ち着いていくだろうな。




感動作っていうのじゃなく。
とっても特別な授業参観、いや、子供観察ができたような一本でした。
それだけ子役が上手だったってことですね。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-30 02:07 | 映画

シナモンロール




取り説に載っていたレシピでシナモンロールを焼きました。


f0039934_23534498.jpg


ロールと言っても小分けにはせず、食パン型そのままで。


ちぎろうか、ナイフで切り分けようか、すごく迷ったけど
やっぱりスライスしました。
ちぎって食べたら、一瞬でなくなってしまいそう。


f0039934_23561262.jpg



と言いながら、夕食後の焼き上がりなのに、1/3なくなりました。
「これ以上は明日の朝の分〜!」と、取り上げて味見終了。








HBが我が家に来てから、3週間。
ほぼ毎日、時には日に2回もパンを焼き続けてます。

焼きたて、数時間後、翌日、と、少しずつ味(食感)が変わるのも楽しいし、
混ぜるものを変えたり、形を変えてロールパンにしたり。
焼きそばをした翌日は焼きそばパンも作りました。



作り続けてるってことは、食べ続けてるってことでもあるわけで。

ちょっと控えなければ・・.
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-29 00:12 | ホームベーカリー

秋キャンプ




夏の終わりに「寒くなる前にもう一度だけキャンプに行こう」と
子どもたちと約束していました。

でももう夜は結構冷える、ので、テントはやめてバンガローを予約。

¥4000アップでこたつ付きがあるというので、そちらにしました。


バンガロー初体験の子どもたち。
山の中の小屋だと説明すると、どうやら・・

f0039934_2348415.jpg

こんなのを想像したのではなかろうか・・。

ウキウキ、キャーキャーはしゃぐ二人。

いや、バンガローってのは、屋根と壁とドアと窓があるだけの小屋だから。
どちらかと言うと、公園の掃除道具入れ、百人乗っても大丈夫みたいな・・。

ちょっとレベル低めに解説。

すると、ウキウキはこたつにシフトしました。
我が家にはこたつがないから、どうやらこれにも憧れてます。








で、現地につくと。


f0039934_2312711.jpg

わりと期待通りじゃないですか!


f0039934_23124027.jpg

テラスまでついてます。




しかし


f0039934_23135659.jpg

駐車場から小さな橋を渡り、丸木の階段をひたすら上るこの距離。
寝袋やら毛布やら着替えやら担いで、何往復もしました。






f0039934_23162647.jpg


その日は、雑木林を小一時間散策。
近くの露天風呂へ行って、キャンプサイトでBBQ。


すっごく寒いのでは、と万全の準備をしていたけれど、
普通にお布団をかぶれば大丈夫でした。








翌明け方。
こつんこつん言うのは、ドングリでも降ってるかな。
外を見ると、
いえいえ。木々の枝からしたたる雨が屋根を打つ音でした。

ガーン。

予定していたハイキングに行けない。
それより朝食の仕度ができない。
一泊したのに食事もせずに帰宅?と、みんなで外を眺めていたら、
次第に小降りになり、晴れ間ものぞいてきました。



無事炭もおこせて朝食が食べられました。



そして念願のハイキング。

f0039934_23251486.jpg

霧がかかってドンヨリだけど、少しだけ、行けるところまで。



f0039934_23263458.jpg

たくさんの滝を伝って歩くこのコース。

f0039934_23281931.jpg

アップダウンはあるけれど、道は整備されているので
お散歩の延長感覚で歩けます。

降ったりやんだりしていたけれど、山の木の中はそれほど雨を感じず。


f0039934_23304818.jpg

苔やらシダやらの話をしたら、娘は歩きながら
片っ端からシダの葉をめくって裏を見てました。





f0039934_23354122.jpg

川面には雨の輪ができているけれど、さほど雨に当たった感じもなく。




少しだけ、のつもりが往復2時間近くも歩けて大満足でした。


今回のコースは、赤目四十八滝
学生の頃からの私のお気に入りのハイキングコース。
子どもたちと一緒に歩けるようになったなんて、感激です。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-28 23:50 | 日記

着物でお洋服




半年も前に作った服なのですが。


f0039934_23363238.jpg


母の知り合いの親戚の方が亡くなって、
形見分けからも余った着物が大量に、
私のところに回ってきました。

洗い張りしても取れないであろうシミがあったり、
誰の目にも留まらなかった柄だったり。


着物として役立たないから、布として使う人に、って。




全部ほどいて洗濯機で普通の洗剤で洗っちゃって、
縮むだけ縮ませた後、何枚かの洋服になりました。



反物幅からさらに縮んだ細長い形は難点だったけれど、
正絹のテロンとした質感や肌触りは最高です。


何故かこれだけ写真を撮っていた・・。
他のも機会があれば撮ってみます。

着物地ってすごくいいけど、
服にするとおばちゃんっぽく見えるビミョーな素材。
着てる私がビミョーなのか!?
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-23 00:07 | 大人服



ニードルで左の指をプスプス刺しながら、「痛っ、痛っ」とつぶやきながら。

連続制作。


f0039934_11275220.jpg

同じデザインでモノトーン3本。





f0039934_11284563.jpg

お揃いのピアス。








f0039934_11292048.jpg

紫はちょっと長め。




タートルに合わせても、白いシャツの胸元にも。
メリノウールは肌にも優しいみたい。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-22 11:34 | アクセサリー

ハンサムスーツ




今日は映画館ではなく、ケーブルテレビのオンデマンド。「ハンサムスーツ


f0039934_224729.jpg



バカバカしいコメディがとってもていねいに作られてました。

主人公、塚地武雄がハンサムに変身できるのが谷原章介だけじゃなくて、
いくつか選べるんです。その選択肢がビミョー。
ハンサム・・だけどさぁ。っていうセレクトがおかしかった。



で、谷原スーツに決めた後は声も選ぶの。鶴光の声、最高。

温水洋一の現れ方も面白かった。





すごくベタなストーリーで、最初の数分でオチまでわかるような
単純なコメディだけど、
ビビットなセットや衣装もなかなかだったし、
チョイ出の曲や、キャストも絶妙でした。

子どもと一緒に見てたけど、子どもたちにはわかんないだろうなぁ。





タイトルが出たとたんに息子が「ハンサムって何?」と聞いて、
「イケメンのこと」娘が即答、早かった。

さんざんケラケラ笑いながら見た後、息子。
「これって嘘の話?」

ノンフィクションのわけないです。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-19 02:53 | 映画

葡萄のネックレス




なんだか毎日バタバタと、細かい予定がいっぱいで、
ものを作る時間が取れていないのが小さなストレスになっていたんですが。


委託に出しているお店から、なんと去年作った葡萄のネックレスの再制作のリクエストをいただきました。

どんなだったか覚えてなくて、写真を大捜索。



あった、あった。

で、久しぶりにフェルト&ビーズの時間。


後ろの手編み部分は毛糸でなくてもチェーンでも何でも、
ということだったので、ベルベットリボンにしてみました。


f0039934_23181726.jpg

モスグリーンとパープルの二本。




f0039934_2320742.jpg

タートルにつけるとこんな感じ。




この色合い、秋だわ〜。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-15 23:25 | アクセサリー

トマトパン





f0039934_22502058.jpg


ドライトマト、トマトピューレ、バジル、ブラックペッパー。

ちょっとふくらみが少なかったけど、どっしりボリュームのあるパン。
トーストしたら表面サクサクで、中はモッチリ、
トマトの香り大満足のパンになりました。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-15 22:54 | ホームベーカリー

森林の市




お友達に教えてもらったイベント、森林の市に行ってきました。


木の家具や、細工物の販売、遊びのコーナー、
川沿いの遊歩道、桜の葉が茂る木陰にたくさんのブースが並びます。

息子が飛びついたのは、何かを作った後の端材(?)のような木のかけらと、
のこぎり、金づち、釘が用意されている「木工コーナー」。

四角や丸や、棒や板、釘を打ちまくっておもちゃを作ってました。
剣やカメラや椅子や鉄砲、全部20cmくらいの大きさです。
私も何か・・と思うけど、そこにある木切れで作るっていうと、意外と難しいの。
結局、息子の工作の助手役してました。






その次は娘と一緒につるかご編みに挑戦。

指導のおじさんたちはどうやらエキスパートではなく、
イベントのためににわか仕込みしたお役所の人。
かご編みの手順は上手だけれど・・。

娘についてくれた人はほとんど無言で、
じっと娘の編むのを支えてくれていたようです。
おじさん、孫ほどの少女と二人、黙々と・・。

その隣で、私に教えてくれたおじさんは、ほっとくと全部やっちゃうので、
取り返すのに苦労しました。
「なるほど〜じゃ、あとはやります。」とか、
「ありがとうございます。わかりました〜。」とかなんとか言いながら、
こちらに引っ張らないと、やらせてくれない。
自分で編みたいから申し込んだのに、なかなかの攻防戦でした。

父くらいの年齢の人たち。
なんかそんなことも楽しかった。



f0039934_239548.jpg


つるは弾力があって、結構な力仕事です。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-13 23:29 | クラフト

・・・




とーとんが、
「こないだ映画はどうだった?」(トウキョウソナタのこと)
と聞くので、
「あー、あれはなんだかね・・」と説明しながら一緒にPCで予告編をチェック。




   予告編「ドーナツを作っても食べてもらえない母親・・」





とーとん「パンを40個作っても食べてもらえない母親・・







あー、もうっ!せっかく忘れてたのに思い出した〜(涙)。







運動会の後、娘は、
「かあさん、今日パン出すの忘れてたの?」


     だ、誰のせいで・・・。
[PR]
by shinya_kobo | 2008-10-10 00:14 | 日記