子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

光の大阪



クリスマスシーズンはライトアップがキレイですね。
我が家も数年前から、お隣の2件と一緒に
壁にイルミネーションを飾ってます。

そんなにたくさんの飾りはしていないけれど、
夜になると近所の人が小さい子の手を引いて
見に来たりしてます。







23日は今年から始まった御堂筋の銀杏並木の
イルミネーションを見てきました。

f0039934_221742.jpg

とーとん運転の車で通り抜け。

黄色とブルーとピンク。
枝じゃなくて、まん中の幹だけってまた面白い。
いつもの銀杏並木じゃないみたい。
光の柱が大通りを挟んでまっすぐ貫いています。
下の芝も控えめにブルーが敷いてあって、
幻想的な御堂筋オフィス街。

といっても淀屋橋〜本町間だけ。
もっと心斎橋までしたらいいのに。
心斎橋方面はまわりが明るすぎてありがたみがないのかな?







そして25日は中ノ島のライトアップ、
今度はゆっくり歩いて通り抜けました。

もう3年続けて来ているけれど、
どんどんエリア拡大で、きれいになっていく。

f0039934_2283099.jpg

f0039934_228511.jpg

f0039934_2294879.jpg

このラバーダッキーは春頃だっけ?
母の病院に自転車で通っているときにも浮かんでたぞ?



f0039934_2301888.jpg

「アヒルちゃんに乗るー!」
「アヒルちゃんには乗れないの!」
小ちゃい子がダダこねてました。かわいい。



f0039934_23321100.jpg

放水シーンも見れた。キレイでした。



淀屋橋から天満橋まで、
けっこうな人出の中、キラキラの中を歩き続けると、
最後はちょっと食傷気味になって来て、

f0039934_234611.jpg

なんにも照らされてない、対岸の葉を落とした桜の並木が
一番きれいに見えたりするのでした。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-26 02:42 | 日記

最後のサンタクロース

f0039934_1422312.jpg


子供たち、今年もサンタさんからプレゼントをもらいました。
サンタさんからのお別れのお手紙とともに。

来年から我が家にはサンタさんは来ないんだって。
淋しい。
すごく淋しいです。
サンタさんが来るのって、たかだか10年ちょっとのことだったのね。

More
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-26 02:04 | 日記

母バンド発表



鼓笛のクリスマス会でした。

楽器隊とバトン隊の子たちがそれぞれ好きに小グループを組んで、
自分たちで選曲や振り付けなど考えて披露します。

普段やる気のない子が俄然燃えたり、逆もあったり、
教えられているときにはわからない一面が見えたりするのですが。

バトンの子たち、今年は高学年限定になったからか、
完成度が高かった。
長年やっているとはいえ、自分たちで振り付けをするって
すごいことだと思うんだけど、
ばっちり決まってたし、笑顔が良かったです。

楽器の子は、大人バンド(地域の趣味の方達)との合奏という新しい課題があって、
短い期間に2曲吹く上に、自分たちの企画もあって、
すごく大変だったのに、なんとか発表できるレベルまで持っていきました。
同じ隊の友達同士とはいえ総勢100人近くいる前で、
演奏なりマジックなりの発表をするのは勇気がいるし、
構成もそれなりに考えなきゃいけない。
すごい課題を頑張って仕上げました。



母バンドも演奏しましたよ。

衣装をそろえる代わりに
楽譜を統一。

f0039934_1481811.jpg


あれ、どこの回し者?
あとでパンフレット配りますからおうちの方にわたしてね〜。
大人の人はハンコ持ってきてくださ〜い。
なんて冗談です!

楽譜台に立ててる所の写真は撮れなかったけれど、
赤と緑のそれぞれの裏に楽譜を貼って、
ひらりと垂らして並べて演奏しました。

心配していたボリュームはグロッケン二人の力量で
問題無し。キレイに響いていました。
ウクレレはあまり聞こえなかったみたい・・。

嬉しかったのは、子供たちが歌いだしてくれたこと。
はやりのCMソングだからみんな知ってて、
(歌ってる・・)と思うとこちらも笑顔が出てきました。

途中、主旋律の人が変な所を2小節リピートしてたけど、
みんなちゃんと対応。すごい。

ウィンターワンダーランドのほうも
キラキラとグロッケンがよく似合う曲でした。




全員の発表が終わり、
最後に大人バンドとの大合奏。
子供たちに混ざって、私もトランペット吹いていいと言われてました。
これも実は楽しみにしていたけれど、
ソフトと重なったりで、あまり練習できず、
全部はついていけなかったなぁ。残念。

でも上手な大人の人たちに(いつもの先生とは違って)
優しく教えられ、立派な演奏に憧れたりもして、
子供たちもいい経験が出来たようです。


母バンド、言い出しっぺは私なんだけど、
最初誘うときは嫌々だったらどうしようとか、
一人気をもんだけれど、
みんなすごく楽しかったみたいでした。

今回練習時間が足りなかったから、
来年に向けて明日から練習!とか言ってたし。

ホントは私たちまだまだ出来る子なんだから、とか。

メンバーの半分は娘と同級生の母。
もう一年は楽しめそうです。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-21 14:33 | 音楽

母バンド・最終練習




2回目にして最後の練習をしました。

鼓笛隊の練習が終わってからいそいそと集まる母たち。

ピアノとグロッケンとハイハットと・・ウクレレ。

今回は曲の順番やスタートのカウントまで決めて、
いつでも本番に臨めるよう準備。

コン・コン・コン・・・と曲が始まり、
曲が終わり。
「どうだった?」
「自分にいっぱいいっぱいで聴けてない」
「あ、あたしも」
みんなこんな調子です。

一年生の女の子がお母さんに付き合って残ってたので、
「じゃあ次は○○ちゃんに聞こう」
「えー辛口ですよ?」と○○ちゃん母。

もう一度合わせてから○○ちゃんに
「どうだった?」と聞くと、
「・・ふつう」

ほんまに辛口や〜と一同爆笑。

いつもはトランペットの大音量の中、
隣の人の声も聞こえない状況が多いので、
ちょっとボリューム不足な感もあるけれど、
ま、なんとかなるでしょう。
今更どうも出来ないし。



「衣装はどうする?」
「やっぱミニスカート?」
「背中がお尻まであいたドレス?」
「冷えたら風邪ひくやん、年末やのに。」
「私らが風邪ひく前に、見てる人が気分悪いって言うわ。」

このあたりは大阪のおばちゃんの会話ですね。



練習が終わり、楽器を片付けていると
先生にプログラムに載せるバンド名を決めて。と言われました。

<楽器・母>でいいよ、と思ってたけれど、ダメ出しされて、
えーっとえーっと。
こまった一人が
「ア、アフラック」

まねきねこダックの曲するからね。
保険のおばちゃんバンドみたいになりました。

2回の打ち合わせと、2回の練習が楽しかったから、
本番も楽しく出来ますように。
とくに成功は望まない所が母バンドです。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-17 00:10 | 音楽

公式戦デビュー





9月に入部したソフトボールの公式戦がありました。

練習試合は経験していたけれど、公式戦は初めて。
前の晩からそわそわして、やたらトイレに通って。
補欠も補欠、出るかどうかもわからないのに、
わくわく緊張してました。

近隣7校の小中学校のPTAチーム対抗戦。
けっこう盛んでみんな真剣です。

隣の校区の小学校チームには、
娘が幼稚園に入る前、一緒に公園で遊んでたママが
選手で二人も出てました。
きゃー何年振り〜!けど試合中なので、
小さく手を振って、顔だけで「ひ・さ・し・ぶ・り!」

チームのみんなはいつも以上に調子が良くて、
打線も守備もかっこ良かった。
盗塁の走ってる姿を見ていない、
塁から塁に瞬間移動したとしか思えない人も。
私が見るべき所を見逃してるだけなのかもしれないんですが。

私は2イニングだけ出してもらいました。
ちゃんと打ったよ。
でも一度目はピッチャー前でアウト。
二度目はセンターフライでまたアウト。
けどサードランナーがタッチアップで得点してくれました。

帰ってきたランナーに「ありがとう〜」と言ったら、
「ありがとうがわかってるのがエラい!」と誉められたわ。
彼女はいつもルールとか動きとかを教えてくれる人なので、
よく覚えたねってことね。

直前に打ち合わせる、監督のサインを何度も確認して
覚えるくせに、打席に立ったらすっかり監督のことなんて
忘れてしまってるのでした。
こいつめ〜・・と思ってるかも。


ダントツの得点差ばかりで、優勝しました。
これで何連覇?強いんです、うちの学校。

だからよけいにみんな尻込みして、新入部員がいないんだって。
と、いう話を私の前でしないで〜。

メンバーがみんな素敵な人ばかりで、
子供が遊ぶようにソフトを楽しんでいるので、
練習もそのあとも、とても楽しいです。


週一回の練習が待ち遠しい。
そして週明けは毎回、筋肉痛になります。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-15 11:03 | 日記

またまた金管バンド




鼓笛の先生の金管バンドコンサートに行ってきました。





今回息子は拒否したので娘と二人。
息子を父に預けて、
娘のエレクトーンレッスンのあと出かけました。

久しぶりの娘とラブラブデート・・のはずだったのに。

直前の練習サボりまくりのエレクトーンのレッスンが
散々だったせいで、不快な出だしとなってしまいました。
つまり私がお説教しちゃったので。


自転車で行ける距離だったけど、
雨がぱらついてきて、夜7時開演、
帰りはきっと9時回るので、車で出発。
ワイパーの動く夜の車内で・・。


「嫌ならやめなさいよ」
ろくに練習もせずにレッスンに出ること、
鼓笛だってついつい遊ぶ方に流れるし。
「あなたに音楽は向いてない」とまで。

今から音楽を聴こうってのにね。


お食事に入ったので、(私が)すごく努力してお説教をやめて、
気持ちを切り替え。


コンサートはすごく素敵でした。
私の気持ちも、娘の気持ちもすっかりプラス方向へ。

今回トランペットはいなくて、
(おそらく)トランペット部隊はみんなコルネット。
優しい丸い音でした。
コルネットソロの曲は涙出そうだった。
パーカッションが3人いて3人とも女性。
グロッケンの音がとっても綺麗でした。


鼓笛でクリスマス会の相談をしてたとき、
「出来が悪かったら『カン!』って鳴らすよ」
なんて言いあってて、
このコンサートで、素人名人会のあの「カン!」って
鳴らすのが活躍してました。
出てくるたびにおかしかったけど、
素敵な効果で響いてました。


休憩のあとの第二部はクリスマス曲でした。
もしかしたらジャズっぽくアレンジしてるのかと思ったけど、
しっかり正統派。
曲間の先生のトーク(解説?)も楽しくて、
いつもの先生がとっても素敵に見えたりもして、
楽しい素敵な2時間でした。


こんなの聴いたら楽器がさわりたくなる。
思い出して弾ける(吹ける?)ようにメロディを反芻。
繰り返し頭の中で余韻を楽しんでました。

娘はこんな楽しみ方してるのかしら?
でも、コンサート自体は楽しんでいたので、
息子よりは興味のある方なのかな?


と、考えても、まだまだ小学生。
欲張るのはやめましょうねー。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-11 00:41 | 音楽

続・母バンド




2週間後のクリスマス会に向けて、
母バンドようやく始動しました。

みんな、謙遜しつつもやる気はあるものだから、
そろそろ練習始めなきゃまずいってことで、
曲も楽器もとんとんと決まり、
自主練開始。


曲は、ウィンターワンダーランドと、
aflackのまねきねこダック(クリスマスバージョン)に決まりました。
子供たちに歌ってもらおう。

ウィンターワンダーランドは図書館で借りたピアノ楽譜からアレンジ。
まねきねこダックはサイトを見て耳コピー。
譜面に起こすのは大変だった〜。
私が起こしたあと、ピアノ上級者のお兄ちゃんがコードを当ててくれました。




今日、鼓笛隊の子供たちの練習が終わってから、
集まって合わせてみました。

グロッケン(鉄琴)二台と、ピアノを二人で連弾。
スネア(小太鼓)とバスドラム(大太鼓)、
私はウクレレ、二人がすず。

ウクレレういてる・・。
一人だけ夏・・? ま、いっか。

みんなが私に、アフロのカツラかぶれだの、虎パンツはけだの・・。
ウクと言えばブーですか。


わいわいはしゃぎながらも、
メロディラインはグロッケンがいいかピアノがいいかチェンジしてみたり、
バスドラムが不自然だからとシンバルに持ち替えてみたり、
わずかな時間で進歩しました。



次回の練習日は都合の悪い人が多いので、
みんなで合わせられるのはあと一回。
でもみんな上手なのでなんとか完成しそうです。

ウクレレは・・きっとあんまり聞こえないから、大丈夫かな。
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-08 23:06 | 音楽

シャンプーボトル




f0039934_23225845.jpg

シャンプーとコンディショナーは
詰め替え容器に入れてました。

先日、コンディショナーのボトル破損。

とーとんが
「仕事出たついでに買っとくよ」


こういうことがいつも素早いとーとんなのに、
忙しかったのか、数週間も買ってこなかったので、

f0039934_23232734.jpg

たまたま見つけて買ってきました。

買う時、チラッと、電話入れようかなってよぎったけど、
今晩見せれば済むことだし、と思ったら。

f0039934_23235172.jpg

同じ日にとーとんも購入。


何週間も経ってるのに、よりによってなぜ今日?

まあいいや。
消耗品だもの。次回のストックってことで。



次回っていつ?
破損したボトル、かれこれ7年くらい使ったような・・?
[PR]
by shinya_kobo | 2009-12-04 00:05 | 日記