子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

髪型



友人が。


美容院で「井川遥にしてください」と、言ったそうです。

彼女は井川遥似ではないにせよ、かなりの美人なので、
「ド厚かましい!」とかいうツッコミはされなかったみたいだけれど、
えー、でもそれってどうなのー!?とか、
勇気あるよねー!とか、散々からかって、

わたしが去年、ベリーショートにしたとき
「妻夫木くんみたいにしてください。」
と言った話をすると、彼女は「そっちの方がおかしい」と。

そうかな?どうかな?




去年は妻夫木くん、短くて格好良かったんですが、
今年はちょっと長めみたい。

今年は誰って言おうかな。
ネタになるのでなるべく若いアイドル系がいい。

けれど、この頃わりとみんな長髪です。
モデルを決められないまま美容院に行きました。


カタログを見ながら、美容師さんと相談。
「あの、メンズのカタログのほうが見たいんですけど。」

そんなの見たって、丸顔でペチャッとしたわたしは
イケメンになれるわけでもないけれど。

Before
f0039934_20215543.jpg
f0039934_2022775.jpg



After
f0039934_20223432.jpg
f0039934_20224554.jpg




今年もさっぱり。


ここ数年、夏前にベリーショートにして、
パーマやカラーでさわりながら肩まで伸ばすのを
繰り返しています。

ある意味beforeとafterが反対。


夏前と言いながら、今年は7月末まで
なかなかバッサリいく勇気が出なかったのは、
ソフトボールを始めたから。

ママさんソフト部で日焼けしてて(できる限り防いでますが!)
短髪っていかにもだし、
よそのチームでそういう人はたいてい主力選手。

見かけがこんなになってしまっても、
やきゅう、うまくもないしなぁ・・。
なんて気後れがして。

その迷いも出て理想より少し長めになってしまいました。

オンナらしくもなく、イケメンにもなれない
中途半端な長さ。

ほんとはもっとチョンチョンにしたかったんだけど。





それでも、この異常気象のなか。
ベリーショートはとっても快適です。
バッティングヘルメットの着脱が楽だし。
休憩時間にはアタマから水をかぶれるし・・・。

まだ体力が無くて、熱中症寸前で練習しているわたしは、
かっこより、クールダウンが大切ですから〜。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-08-23 19:56 | 日記

法廷



キッザニア甲子園に行ってきました。





上の娘の妊婦検診でお友達になったママとは
かれこれ12年のおつきあい。

引っ越してしまったので、なかなか会えないけれど、
上の子も下の子も同い年で、
年に一度くらい、遊ぶ計画を立てます。


それで今年はキッザニア。


こんなところが楽しいのももう最後の年かなぁ・・。
なんて思ったけれど、
去年があいたので、前回会った記憶もおぼろな子どもたちは、
すっかり意気投合してはしゃぎまくってました。

とくに上の娘二人。
おとなし過ぎず、強引過ぎず、お互いトーンが合うのか、すっかり仲良し。
何をしゃべっても楽しくてたまらない様子。
4人で仲良くブースをまわり、お仕事体験してきました。

2年前に東京のキッザニアに行ったときもそうだったけれど、
ユニフォームを着て派手に動くという、
親が喜ぶブースはどうも敬遠しがちなうちの子どもたち。

今回も4人揃って、「声優」「おもちゃ工場」「大使館」「法廷」
という、母たち見学の楽しさのかけらもないお仕事をして来ました。
本人が楽しければ、それでいいんだけどね。


f0039934_103746.jpg



母たちにとっても、数時間お喋り以外することがないなんて、
ここ以外には絶対に作れない時間。
お茶飲みながら一年分をしゃべりまくり、
途中退場してららぽーとをショッピングもしながら、
楽しい時間を過ごしました。

午後の部だったので、時間は9時まで。
8時を過ぎると「これが最後のお仕事になります」と、確認されます。

子どもたちが最後のお仕事に選んだのは、
「裁判所」またなんと地味な・・。
人気がなさ過ぎて並ばないで入れる
というのがポイントだったようだけど・・。


十分くらい解説や練習をしたあと、スタッフのお姉さんが出てきました。
「ただいまより裁判を行います。傍聴ご希望の方はお入りください。」
途中入廷・退廷や、私語禁止の説明を聞いたあと、
母二人で傍聴席に座りました。


f0039934_1153980.jpg



子どもたちは私たちの子4人を含め、7人。
なんと息子が被告で娘が原告。
訴訟内容は「被告が原告のお菓子を勝手に食べてしまった」。

あぁ、うちでよく見る光景だわ。

シナリオ通りに意見陳述をしたあと、
有罪か無罪か、刑罰は何がいいかを話し合います。

だんだん白熱してくる子どもたち。

「謝ればいいと思います。」
「同じお菓子を返せばいいと思います。」
「謝るお手紙を書いて違うお菓子をわたせばいいと思います。」

色々な意見が生まれる中、
「謝らなくても放っといて遊んでたら忘れると思いまーす。」
食べてもいないお菓子の罪で責められてるのに、
火に油を注ぐような意見を言う息子。

弟のオチョケ振りにだんだんムッとしてくる娘と、
被告人代理の立場であくまで息子を守ってくれるお友達のお姉ちゃん。
なぜか白熱に乗っかってるよその子もいて、
熱い法廷です。
姉弟喧嘩になってるから、もう絶対解決なんかしないし。
スタッフのお姉さん、かわいそうに。
とんだ配役ミスだわね。

母たち私語禁止の法廷で、笑いが止まらず、
涙まで出てきます。

最後、配役替えで全員一般裁判員になって多数決を取り、
被告人の息子が謝ればいい、という判決になりました。
「ご、め、ん、な、さーーーいっ。」
最後までふざけっぱなしの息子が謝って、やっと閉廷。

っていうか、食べてもいないお菓子を食べた罪で、
こんなにみんなから責められても・・。

お給料をもらって出てきた子どもたちは、
「かあさんたち笑い過ぎーー!」
「○○(息子)が粘るから長引いたやんかーー。」
「ハイチュウが丸とか四角とか言い出したあの子何なん!?」
さらに笑い転げる母たち。


「裁判所」楽しくないなんて思ってごめんなさい。
めちゃめちゃ面白かったし。


夜9時退場なので、急いで帰っても帰宅は10時過ぎ。
すぐ帰るつもりだったけれど、興奮冷めやらぬ子どもたちの希望で、
ファミレスによって帰りました。

姉二人は弟と妹を結婚させて、
自分たちも同居する作戦を練っているし。



楽しい夏休みの一日でした。



・・って、夏休み中にもう一回って約束をして、
娘たちは盛り上がっていたけれど。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-08-10 01:49 | 日記

鼓笛隊・合宿2



合宿二日目。

誰もいないしんとした自宅で起きて、
時間通り学校へ向かいました。
のに・・もう練習始まってる!
あわてて、いや、素知らぬ顔で練習に混ざり、
昨日のおさらいのマーチング。
もう、みんな早起きなんだから。


昨日しんどそうだった子も、ちょっと体力回復し、
顔色がよくなっています。

さらっと動きを通したあと、練習室に戻り、
次は演奏の練習。



まだ与えられて間もない新曲だったのに、
マーチングの間、譜面を追ったせいか、
こころなしか上手になってるような??



盛り上げて、気分を乗せてもなかなか乗ってくれない、
ムズカしい子どもたちだけど、
乗ったときの上達ったらびっくりするものがあります。
あっという間にマスターしたり、
とんでもなくいい音を出したり。

そんな子を見ると、キュンとして、
このお手伝いに力が入ってしまう理由の一つです。


未完成ながらもそこそこの合奏ができました。
でも演奏しながら動くのはまた一つの難関で、
夏中かかって間に合うかどうか。





お昼に子どもたちが解散したあと、
使用した場所の片付けをし、
代表のお母さんたちが作ってくれたお昼ご飯をいただいて、
今日の問題点、来週の練習内容を確認して、
やっと家に帰り着いたのは3時頃でした。

今年は楽だった、と思っていたのに、
ふらふら・・。



夜警で寝ずの番をしたとーとんは、
朝方、解散したあと、一晩顔付き合わせたお父さん仲間と、
仕事明けの早朝ビール。

娘の友達から「○○ちゃんのおとーさんおとーさん!」
と、引っ張りだこで、
なかなか楽しい体験をして来たようです。


練習が本格化するのは実はこれから。
炎天下のグランドで、楽器吹きながら、
繰り返し繰り返し動きます。

頑張れ子どもたち、&わたし!
[PR]
by shinya_kobo | 2010-08-03 01:07 | 日記

鼓笛隊・合宿




今日と明日は鼓笛隊の合宿です。

土曜日のお昼学校に集合し、夕方まで講堂でみっちり
運動会に向けてのマーチング練習。

講堂にエアコンなんてないから、
窓・ドア全開にしたって、サウナ状態。

先生の作ったコンテと、楽譜を合わせ見ながら、
大きな声で1,2,3,4,・・とカウント取りながら、
子どもたちの移動場所を教えて列をそろえて、
マーチングを作り上げます。


今日は移動だけの練習だけど、
この先、夏休み中に、楽器を演奏しながらのステップに
変えていきます。

お手伝いを始めて3回目の合宿。
例年、そりゃもう想像を絶する過酷な特訓!と思いきや、
暑くてしんどいながらも、今年はわりとスムーズに進みました。


今年はコンテが簡単?
子どもたちに初心者が少ないから?
わたしが3回目で慣れたから?
ソフトで体力ついたから?

たぶんどれも正解。

子どもたちは合宿という興奮状態が、うまく作用して、
そんなに遊びに走らずやる気モードを強化して、
約6時間の練習にみんな耐えて、
流れを掴むことができました。


わたしはといえば、
声張り上げて動きまくり、
合間に入る休憩毎に、しんどい子を気遣い、
飽きた子と遊び、次の動きを予習し、
まん中の一番長いおやつ休憩には、
グランドで練習中のソフト部にも参加して
バッティングさせてもらい・・・。
(おかん、どんだけ元気やねん・・)
あきれられてもしょうがないわね。


夕方遅くに、やっと練習が終わり、
高学年のお母さんたちが用意してくれたカレーを
みんな順番に食べて、
入れ替わりにお風呂屋さんに往復し、
戻った子たちは花火をして、
いつもの練習室でお泊まりの高学年は雑魚寝します。
(低学年は帰ります)

今年は息子が4年生なので、
娘息子二人とも今年はお泊まり組。

合わせて夜中の警備にとーとんが駆り出されたので、
夜に現れたとーとんと入れ替わり、
10時近くなって、お世話と片付けが終わったわたしは、
一人で家に帰りました。


日中の疲れでへとへとなはずなのに、
子供がいなくてヤレヤレなはずなのに。

興奮が続いているのか、疲れすぎているのか、
それともまさか淋しいのか、眠れない。
ブログなんて書いています。

明日も早朝から練習。

起きれるかしら。
そして昼の解散までもつかしら。

それよりなにより、今夜子どもが隣りにいない布団で、
わたしは眠れるのかしら・・。




明日も半日、
40人のかわいい子どもたちと一緒に練習頑張ります。
もうみんな、我が子のようなものだからね。


で、また、本番の運動会で泣かなくちゃならないわねー。
[PR]
by shinya_kobo | 2010-08-01 02:01 | 日記