子供との毎日と手作りと


by shinya_kobo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧



3学期も始まり、今日から給食です。
娘は、登校日数があと四十何日とか言ってました。
小学校ももうすぐ卒業です。




クリスマスプレゼントにユニバーサルスタジオの年間パスをもらった娘。
そのときのお約束は「子どもだけで行かない」でした。

5年生くらいになると、夏休みとかに子どもだけでユニバに行こうって
計画が持ち上がるんだけど、我が家は親の同伴がないとだめ、と言ってました。
ずっと買っていた年間パスをたまたま去年は買わなかったので、
一日券を買うにも大金が要り、娘もその点で躊躇、去年は行きませんでした。

娘の学年でも、その下の学年でも、
子どもたちだけで遊びにいってる子もいるみたいです。

娘に年パスを買う → 保護者同伴条件 → よその親御さんに押し付けてもいられない
ってことで、わたしも年パス購入。
わたしが行くってことは、息子も年パス購入。

娘は、自分のプレゼントなのに母も弟も年パス購入していることに
少し納得がいかないような、でも仕方ないような・・。
(弟には別のプレゼントもあったから)



さっそく年明けに、娘のお友達6人連れてUSJ行ってきました。
きゃあきゃあと騒ぐ(であろう)ギャルたちをJRで連れて行く
自信がなかったので、車。
助手席に息子を座らせ、後部2列にギャルを詰め込むと、
予想通りにぎやかなこと!
到着後に息子がぐったりと「女子ってにぎやかだね・・」
うるさい、と言わずに、にぎやか、と言うあたり、
君の優しさを感じるよ。
母の存在を忘れたお喋りを、わたしは運転席で楽しんで聞いていました。


一日券を買う子、パーク内でチケット引き換えする子、
それぞれ入場までのお世話をして、携帯を持っている子とアドレス交換をして、
お昼ご飯まで別行動。わたしと息子は、女子チームと別れました。

元々、ずっとくっついて回る気はなくて、
行き帰り同行と途中一回くらい会えればいいかなと思ってました。

パーク内はスタッフもいっぱいいるし多分安全。
女子たくさん集まれば行動力もあります。
絶叫マシン好きな子とそうでない子、上手に別れて落ち合って、
みんな思い切り楽しんだようです。

次、何に乗ろうというとき、
行きたい行きたくないを上手に遠慮する子もいれば、
わがままを押し通す子もいたり、
割れた意見をうまく解決する子もいたり、
それを次に会った時、みんな口々に報告してくれて、
可愛いし、頼もしい。

息子は乗り物系が苦手なので、わたしと一緒に
ショーや映像ものを回ります。
しかし寒い・・。
冷えるたびにお店に入って二人でホットドリンク。
保護者付きの特権はこれだけど、
お金のない女子たちどうしてるだろう?

あとで「みんな寒かったでしょう〜?」と聞くと、
「あっつい〜!!」
木枯らし吹きまくってるのに暑いとは、みんな興奮し過ぎ〜。

夕方、そろそろ帰りましょうと言ってから一時間以上、
家族へのおみやげと、みんなでお揃いのキーホルダーを探し、
晩ご飯も一緒に食べて帰ろうという意見を却下して、
真っ暗になってからようやく車に乗りました。

娘のお友達、おっとりしてると思ってたけど意外に辛口な子、
思った通りオトコマエな子(女の子)、
元気だけどぼんやりさん、
いつも見てた以上の素顔が見れて可愛かったです。
親目線の「可愛い」と同時に、たぶん他人から見ても
そろそろ「可愛い」彼女たち。
行動半径には充分目を光らせなきゃなぁ、とも思いました。

別行動する娘たちを気にかけながらも、わたしは一日息子と二人。
意外にこんな時間なかったから、楽しかったです。
ただ、カレは乗り物に乗れない・・。
することなさ過ぎ。
最後は二人でベンチに座り、「お姉ちゃんたち遅いね・・」と
つぶやき合っていました。



f0039934_13441573.jpg
厚着しているけど、めいっぱいおしゃれしてます!

f0039934_13455182.jpg
ユニバーサルはまだクリスマス。お正月に聞くクリスマスソング・・。

f0039934_1347681.jpg
息子はお誕生月なので、シールをもらいました。
これを貼っていると、色んなところでおめでとうを言ってもらえます。
[PR]
by shinya_kobo | 2011-01-12 13:51 | 日記

日帰り温泉



お正月二日に、実家父が京都亀岡湯の花温泉の
日帰り温泉&昼懐石に連れて行ってくれました。

いつも仕事の休みが取りにくいとーとんも
お正月の日帰りなら一緒に行けるだろうと、
父から突然のご招待。

運転大好きなわたしがいつもは運転手になるけれど、
どうやら雪があるらしい・・。
雪道の経験のないわたしは、スタッドレス履いた実家の車に
ひるんでしまったけれど、
結局いいお天気で、心配するような道は通りませんでした。

意外に順調に進んじゃって、
11時チェックインなのに、10時到着。

近くをドライブして雪の残る野原発見!
早速子どもたち雪遊びです。

f0039934_1203013.jpg

f0039934_1195156.jpg


子どもたちをスキーに連れて行ったのはずっと小さい頃。
雪で遊んだ記憶がないので、ふたり大喜びで遊んでいました。

雪遊びが目的の旅行ではなかったので準備不足。
スニーカーも手袋もびしょびしょ。

いびつな雪玉をそれぞれ作って、よいしょ、と積んで、
ゆきだる・・ま・・ドサッ。
アタマが落ちて壊れちゃった。
融けかけのベシャ雪だったけど、雪合戦も遠投競争もできました。




宿に戻って、昼食までの時間に温泉に入ります。
・・と、入ってから出るまでに20分。
大浴場と露天とジャグジーとサウナ。
駆け足でまわって、とりあえずお部屋へ戻ります。
お食事の後でゆっくり入り直せばいいし。


お部屋にお料理が運ばれます。
素敵なごちそうが少しずつ次から次へと。
まだ半分くらいで、もうお腹いっぱいと言いながらも、
次のお料理も食べてしまう。
まだあるのー?と驚きながら食べ、
最後のご飯が運ばれてふと時計をみると、
チェックアウトまで20分。
きゃー温泉に入り直す時間がー!

デザートを見ずに娘と大浴場にダッシュ。
大急ぎでもう一度お風呂に入りました。
大急ぎだけど、パウダールームの化粧水も試してお部屋に戻り、
最後のコーヒーに口をつけてチェックアウトしました。

ふぅ、なんて慌ただしい・・。

後で考えたら、お部屋のチェクアウトだけすませて、
ゆっくりお風呂に入ってから好きな時間に帰ればよかったのにね。
[PR]
by shinya_kobo | 2011-01-07 01:54 | 日記

一週間も経ってからのご挨拶です。
本年もよろしくお願いします。




この暮れは落ち着かなく慌ただしく、
(もう、今年のおせちは手抜き!)なんて思っていたけれど、
やっぱりいつもの通りくらいは作って、
でもいつも通り程度ではそこそこな手抜きで、
結局例年通りかな。

f0039934_23482060.jpg


いつもと違うのは、娘が栗きんとんを担当してくれたこと。
横で他のお料理をしながらちょいちょいと指示したら、
最後まで仕上げてくれました。
黒豆も手伝ってくれたし。

柚子釜にいれた紅白なますはお酢のかわりに
柚子果汁を使ったら、子どもたちに好評でした。

f0039934_0123871.jpg

f0039934_013570.jpg


大晦日の夜中に作った祝い箸の箸袋とランチョンマット、
お年玉のポチ袋も子どもたちがお手伝い。
睡魔と戦う母の横で、年に一度の夜更かしが楽しい子どもたちは
目もギラギラ。はさみチョキチョキ。ラクしました〜。
まあラクしたかわりで完成度低め。工作レベルだけど・・。


とーとんの実家四国香川では、お正月のお雑煮は
白みそ仕立てに餡餅を入れます。
わたしの実家はすましに丸餅。
結婚してからずっと、元旦は二種類作ってきたけれど、
だーれも白みそ食べなくていつも結局わたしだけが
白みそ餡餅をたいらげてました。

今年も香川からは丸餅と餡餅を送ってくれたけれど、
白みそ仕立ては初めて作らず、餡餅は焼いて食べました。
おやつなら、わたしも子どももあんこのお餅大好き。

伝統を守るつもりだったけど、食べてくれないんじゃ仕方ないよね。
[PR]
by shinya_kobo | 2011-01-07 01:01 | 日記